税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ガソリン値下げが現実味

<<   作成日時 : 2008/03/13 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月の「ガソリン値下げ」が、現実味を増してきた。衆院での08年度予算案強行採決や日銀総裁人事をめぐる与野党攻防のあおりで、ガソリン税の暫定税率延長を含む税制関連法案の参院での審議時間が少なくなり、暫定税率の期限が切れる3月末までの成立がいっそう厳しくなったためだ。

 与野党は12日、参院で13日から予算案を審議することに合意した。ただ、税制関連法案は予算案より遅れて審議入りするのが慣例で、従来通りの進め方なら審議入りは下旬にずれ込む。財政金融委員会を開く定例日が決まっているため、今月中に審議できるのは1日だけになる。民主党国対幹部は12日、記者団に「もうガソリン税は間違いなく下がる。審議時間が足りない」と語った。

 すでに民主党内では、採決の4月ずれ込みを前提とした準備が進む。民主党が提出した税制関連法案の対案のうち、生活関連を先行処理した後、道路関連の対案と政府案を並行審議。参院が否決したとみなして衆院で再議決できるようになる4月29日近くまで引っ張り、ガソリン値下げの恩恵を浸透させる――。こんな戦術も浮上している。

 与党も手をこまぬいてはいられない。民主党との修正協議に向けて、与党から修正案を提示する検討に着手。「国民生活の混乱回避」を大義に年度内に合意にこぎつけ、暫定税率の期限切れを回避するシナリオを描く。

 ただ、暫定税率廃止と一般財源化は各種世論調査でも評判のいい政策だけに、民主党内では「中途半端な修正で決着すれば、党はもたない」(幹部)との主戦論が強い。与党内からも「小幅修正では厳しい。衆院再議決も覚悟する必要がある」(参院自民党幹部)との声が漏れる。

 与党側の「命綱」は、「年度内に一定の結論を得る」とした衆参両院議長あっせんによる与野党合意。自民党の大島理森国対委員長は12日、記者団に「議長あっせんに対する責任をしっかり果たすよう一致協力する」と語ったが、民主党は「衆院での採決強行で、あっせんはほごにされた」と主張しており、着地点は見えない。
(朝日新聞より)



 ここの所、暫定税率と日銀の総裁問題ばかりが話題にされている。


 少々うんざりしてきた。


 正直に言うと確かに値下がりした方が嬉しいに決まっているが、その後にまた元に戻ってしまうのであれば、あまり意味がないような気がする。


 それよりも、使い方を何とかして欲しいと思っている有権者の方が多いのではないかとは思う。


 あまりにも杜撰で次から次へと同じような問題が連鎖して出てくる。


 社保庁の問題も今回の道路特定財源にしても、透明性がなく知らない内に意味もなく使い込まれ、挙句に財政がひっ迫しているからと言う理由で増税のあらし・・・・。


 はい、そうですかと言って増税に耐えられるほど所得が上がっているわけでもなく、ただただ無策な政府に引張りまわされるのには飽き飽きしたと言うのが本音だと思う。


 今の状況の中で、政府が言うことを素直には聞く事ができない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガソリン値下げが現実味 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる