税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 無くならぬ米兵の暴挙(基地の町に走る怒り)

<<   作成日時 : 2008/02/12 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 車の中で中学3年の女子生徒(14)に乱暴したとして、沖縄県警は11日未明、在沖縄米海兵隊の2等軍曹タイロン・ルーサー・ハドナット容疑者(38)を強姦(ごうかん)の疑いで緊急逮捕した。同容疑者は「抱きついたりキスしようとしたりしたが、暴行はしていない」と容疑を否認しているという。同県では95年にも米海兵隊員による少女暴行事件が起きており、地元自治体や市民団体の間に米軍に対する抗議の動きが広がっている。

 調べでは、ハドナット容疑者は10日午後8時半ごろ、沖縄市の路上で、友人と一緒にいた女子生徒に声をかけ、「家まで送る」と言ってオートバイで北中城村(きたなかぐすくそん)島袋(しまぶく)の容疑者宅へ連れて行った。女子生徒はわいせつな行為を迫られたため逃げ出したが、後を追った容疑者が「家まで送ってあげる」と言って車に乗せ、午後10時35分ごろ、北谷町(ちゃたんちょう)北前1丁目の路上に止めた車内で乱暴したとされる。2人に面識はなかったという。

 女子生徒は9時20分ごろ、携帯電話で別の友人に「助けて」「外国人に連れて行かれた」と連絡。友人とその家族らが「連れ去られた可能性がある」と沖縄署に届け出た。10時45分ごろ、女子生徒から友人の母親に「逃げてきた」と電話があり、県警が北谷町の現場近くで保護した。

 女子生徒が車の特徴などを覚えていたことからハドナット容疑者が浮上。県警は自宅前に止めた車の中にいた容疑者に同署への任意同行を求め、11日午前2時10分ごろ逮捕した。

 県警によると、ハドナット容疑者は96年9月に海兵隊へ入り、岩国基地(山口県)勤務などを経て06年10月から沖縄に。現在は海兵隊基地キャンプ・コートニー(うるま市)に配属されている。

 米軍人らの犯罪に関する取り扱いを定めた日米地位協定の規定では、容疑者の身柄が米側にある場合、日本の検察が起訴するまで米側が拘束することになっているが、今回は沖縄県警が逮捕したため、日本側が引き続き身柄を拘束できる。

 沖縄県では95年にも小学生の女児が海兵隊員ら3人に暴行される事件が起きた。大規模な県民総決起大会が開かれるなど基地の整理・縮小を求める島ぐるみの運動に発展し、翌96年の普天間飛行場(宜野湾市)の返還合意につながった。

 今回の事件で県民の反基地感情は強まっており、膠着(こうちゃく)状態にある普天間飛行場の名護市移設に影響が及ぶ可能性もある。

    ◇

 沖縄県の仲井真弘多知事は11日午前、県庁で報道陣に対し「女性の人権を蹂躙(じゅうりん)する重大な犯罪であり、特に被害者が中学生であることを考えれば、決して許すことはできず、強い怒りを覚える。極めて遺憾だ」とするコメントを読み上げた。一報を聞いた時の感想については「あってはならんことが、またか、という感じだ」と厳しい表情で語った。

 一方、沖縄県の上原昭・知事公室長と仲村守和教育長は同日午後、浦添市の在沖米国総領事館を訪れ、ケビン・メア総領事に対し、再発防止に万全を期すことや、対応策の公表を在沖米軍に働きかけるよう要請した。12日午後には、在沖米軍のトップである4軍調整官らに抗議するとともに、再発防止を申し入れる。
(朝日新聞より)


 14歳の少女に対する事件と言う事もあり、かなり問題視される事件に発展する可能性がある。


 言葉にするのもおぞましい事件と言えよう、こう言った事件が起きると、色々言われる事もあるが、暴行した方が絶対悪であり、許される問題ではない。


 アメリカは兵の人権という問題を持ち出すが、14歳の少女を暴行する人間に人権を語る資格があるのかと聞きたい気がする。


 厳重に処罰すべきであろう事に疑いの余地は無い。


 こういった事件が起こるたびに再発防止を万全にというが、こうも繰り返されるのであれば根本からの見直しが必要なのではないか、基地のあり方を徹底的に議論するべきであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米兵の犯罪〜怒ることの大切さ〜
13年前の少女暴行事件の時は、全国紙の報道はベタ記事だった。 今回は1面トップだったりする。そういう扱いに変わっているだけでも、「怒る」ことの意義がある、とわかる。 米軍の移転、という基地がらみの問題が争点だった岩国市長選が終った次の日、沖縄ではまた米兵.... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2008/02/17 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この問題を考える時に、従軍慰安婦問題とタブらせて考えてしまいます。多くは語りませんが、右に偏らなくても、少女が被害に遭った事実はあるんだから、特権や協定で守られては、いつまでたっても解決しないでしょうね。過去には泣き寝入りも多々あるはすですから、国として毅然として欲しいと思います。
義宗
2008/02/13 01:05
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 基地が現在の規模のまま本当に必要なのかも考えるべき時なのではないでしょうか、日米安保条約が有事の際にどの位機能するかも疑問ですからね。
すかんく
2008/02/13 10:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
無くならぬ米兵の暴挙(基地の町に走る怒り) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる