税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ大統領予備選、民主党は大激戦

<<   作成日時 : 2008/02/06 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 米大統領選は5日、共和党21州、民主党22州で予備選・党員集会を一斉に行う「スーパーチューズデー」の投票が行われ、開票が進んでいる。

 CNNによると、共和党は「本命」のマケイン上院議員(71)が地元アリゾナ州のほかニューヨーク、カリフォルニア両州の大票田をおさえ、指名獲得に向け前進している。民主党はヒラリー・クリントン上院議員(60)が地元ニューヨーク州とカリフォルニア州で勝利。オバマ上院議員(46)も地元イリノイ州とアフリカ系(黒人)有権者の多い南部諸州をおさえ、接戦を演じている。

 共和党では、ロムニー氏は自ら州知事を務めた北東部のマサチューセッツ州を制したが、それ以外の北東部の州ではマケイン氏の先行を許している。マケイン氏は北東部のコネティカット、ニュージャージー、デラウェアのほか、中西部イリノイの各州も制した。

 キリスト教右派の支持を受けるハッカビー氏は地元アーカンソー州で順当に勝利を収めたほか、南部ウェストバージニア州も制した。

 接戦の民主党は、北東部のマサチューセッツ州はクリントン氏が獲得した。同州はオバマ氏への支持を表明したエドワード・ケネディ上院議員の地元でもあり、オバマ氏に追い風になると予想されたが、クリントン氏が振り切った。

 また、クリントン氏の地元ニューヨーク州に隣接しながら、オバマ氏に接戦に持ち込まれていたニュージャージー州もクリントン氏が制した。クリントン氏は自らが知事夫人だった南部アーカンソー州と、隣接するテネシー州、オクラホマ州もとっている。

 一方、オバマ氏は北東部デラウェア州、南部のアラバマ、ジョージア両州も制した。ジョージア州はアフリカ系(黒人)が多く、出口調査によると、投票した人の約半数を黒人が占め、そのうち88%がオバマ氏に投票した。男女別でも女性の64%がオバマ氏に投じ、クリントン氏の34%を上回った。
(朝日新聞より)


 民主党は本当の大激戦となりそうな様相となってきた。


 今選挙の目玉の選挙区になりそうな、マサチューセッツ州はクリントン氏が取り、その外、ニューヨークやカルフォルニアもクリントン氏が取った。


 この1週間吹き荒れたオバマ旋風をしのぎきった格好のクリントン氏だが、まだまだ、予断は許さない。


 共和党の予備選はマケイン上院議員が評議員数で有利な状況は変わりないが、このスーパーチューズデーで決める事はできなかったようだ。


 民主党はここからのデットヒートが見物だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
激戦ですね
長田ドーム
2008/02/06 18:20
 長田ドームさん、コメントありがとうございます。
 共和党の方はほぼ完全にマケイン氏に決まったようですが民主党はまだまだ選挙が続きますね。
すかんく
2008/02/08 12:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ大統領予備選、民主党は大激戦 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる