税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日清とJTの冷凍事業統合白紙へ

<<   作成日時 : 2008/02/06 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 日本たばこ産業(JT)と日清食品、加ト吉は6日、4月に予定していた3社の冷凍食品事業の統合を白紙撤回する、と発表した。JT子会社が販売した中国製ギョーザでの中毒事件による混乱で、事業統合を進めるのは難しいとの結論に達した。6日午前に都内で記者会見したJTの木村宏社長は「事業見通しが不透明になった」と話した。

 3社の事業を統合すると、売上高2600億円と国内最大規模の冷食事業会社となるはずだった。JTは、1月に株式公開買い付け(TOB)で加ト吉の株式を約94%取得。3月末までに完全子会社化したうえで、日清食品に49%を譲渡し、3社の冷食事業を加ト吉に集約する予定だった。

 当初は「既定路線に変更はない」(日清食品)としていたが、1月末に発覚した事件によってJTのブランドも大きく傷つき、統合が日清食品の事業に悪影響を与える恐れも出ていた。JTは加ト吉を完全子会社化する方針は変更しないが、日清への加ト吉株の譲渡と冷食事業を集約するという合意は解消する。
(朝日新聞より)


 思わぬ余波へ波及した。


 日清とJT、加ト吉の冷凍食品事業の経営統合が白紙に戻った。


 日清食品のブランドイメージを日清側が考慮した結果であろう。


 色々な面での合理化を計ろうとしていたのであろうが、ブランドそのものに影響を及ぼすとの判断は経営者として判断と言う事になるのではないか。


 今回の事件は不透明な物が多く、どちらかと言えば故意に混入された可能性が否定できないだけに、事態の解明が遅れれば第2、第3の事件が起こる可能性も否定できない。


 日本側も中国側も過敏な状況が続くのではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
白紙に戻ってよかったと思います。
日清食品、加ト吉、JTの3社でJTが一番素人です。この事業統合の記事を見たときから、極めて不自然だと思っていました。日清食品が統合するなら理解できますが。
一般人
2008/02/09 12:23
 一般人さん、コメントありがとうございました。JT側も色々な経営の多角化を図った結果だと思います。
 日清食品も経営の合理化や規模の拡大を狙ったのかも知れませんが、結果的にブランドイメージを損ないかねないとした日清食品の思惑が勝ったのかも知れません。
すかんく
2008/02/12 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
日清とJTの冷凍事業統合白紙へ 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる