税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽系に惑星がもう一つ?

<<   作成日時 : 2008/02/28 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 太陽系の外縁に、地球とほぼ同じ大きさの「惑星X」が存在する可能性を、日本の研究グループが数値計算で明らかにした。約1000年かけて太陽の周りを公転しているという。太陽系の惑星は、06年に冥王星が準惑星に降格され、現在は8個だが、惑星Xが観測で見つかれば、冥王星に代わる第9惑星になる可能性が高い。米天文学会誌「アストロノミカルジャーナル」の4月号に発表する。

画像


 太陽系の外縁部には、エッジワース・カイパーベルトと呼ばれる氷の小天体群でできた帯がある。この小天体群は、太陽から50天文単位(1天文単位は地球と太陽の平均距離=約1億5000万キロ)を超えるとまばらになり、軌道が細長い楕円(だえん)形にゆがむが、その理由の説明がつかなかった。

 神戸大学惑星科学研究センターの向井正教授とパトリック・リカフィカ特別研究員は、惑星Xが帯の外側にあった小天体をはじきとばし、重力で軌道をゆがめていると仮定。コンピューターで数値計算した結果、太陽から20天文単位ほど離れたところで生まれた惑星Xが、太陽系形成初期の約1億年で80〜175天文単位離れた軌道上に移動したと考えると、つじつまが合ったという。

 計算では、惑星Xの大きさは直径が1万〜1万6000キロで、約1万2800キロの地球とほぼ同じ。氷状のメタン、アンモニア、水などと岩石からなり、地球の3〜7割の質量(重さ)を持つ。太陽に最も近づくと14.8〜17.3等星と冥王星なみの明るさになるとみている。
(朝日新聞より)



 ロマンだね。


 水金地火木土天海冥と覚えていた太陽系も去年の騒動で冥王星が惑星から準惑星に格下げになった。


 今度の惑星が発見されれば計算上は地球とほぼ同じ大きさになるらしい。


 計算で導き出された結果であり発見された訳ではないので、真偽の程は?と言う感じだが、宇宙はわからない事だらけなだけに本当の事が知りたいよね。


 あったらいいな第9惑星・・・・。


 なまえは何になるのであろう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽系に惑星がもう一つ? 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる