税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木宗男議員、2審でも敗訴(有罪判決)

<<   作成日時 : 2008/02/26 12:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 北海道での港湾工事受注などの見返りに業者から現金計1100万円を受け取ったり、衆議院の予算委員会でうその証言をしたりしたとして、受託収賄や議院証言法違反(偽証)など4つの罪に問われた「新党大地」代表の衆院議員・鈴木宗男被告(60)に対する控訴審で、東京高裁(池田修裁判長)は26日、懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一審・東京地裁判決を支持し、鈴木議員の控訴を棄却する判決を言い渡した。鈴木議員は無罪を主張しており、最高裁に上告した。


 判決を受けて検察側は鈴木議員を収監できるが、被告・弁護側は保釈を申請し、認められる見通し。国会議員は任期中に収賄の罪に問われた場合、有罪判決が確定すれば、国会法により失職する。

 池田裁判長は、一審判決の「有力な支援者から請託を受けると何のためらいもなく便宜を図り、1100万円を受け取った」とする認定を支持。「政治力を利用した犯行で林野行政などに不当な影響を及ぼしており、刑事責任は重い」と非難した。

 控訴審で弁護側は一審と同様、「島田建設」(北海道網走市)から港湾工事で働きかけを受けたり、600万円を受け取ったりしたことを否定。製材会社「やまりん」(帯広市)に対する行政処分をめぐっては、林野庁に働きかけをしておらず、受け取った現金は、内閣官房副長官の就任祝いだったと主張してきた。

 また、林野庁への働きかけは故・松岡利勝元農水相によるものだと訴えたほか、秘書や両社の関係者が「捜査段階での供述内容は事実と違う」などと述べた陳述書を控訴審で提出し、全面的に争っていた。

 鈴木議員は北海道・沖縄開発庁長官などを歴任し、02年6月、東京地検特捜部に逮捕された。03年秋の総選挙には立候補せず失職。04年11月の一審判決を控えた同年7月の参院選でも落選したが、05年に新党大地を結成し、同年9月の総選挙で比例北海道ブロックで当選。現在、7期目。
(朝日新聞より)



 北海道での彼の人気は絶大なのであろう。


 真実は一つしかない。


 正直、私には司法の方が正しいような気がする。



 確かに国策捜査と呼べるような気がしなくもないが・・・・。


 
 どうなのだろう?



 彼の生き様は嫌いではないが、法に基づく物であれば受け入れるべきなのではないか。



 本来、企業が何の見返りもなしに政治献金をしているとはとうてい思えない。


 
 だからこそ、企業の献金は慎重であるべきだし、できるならば全面禁止が望ましいのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドブ板議員のアツい戦い!
見た?東京マラソン。ドブ板戦術で鍛えた足腰はスゴかったねぇ。あの歳でフルマラソン完走ってホントしぶとい!地裁で有罪、衆院議員復活、高裁で控訴棄却、最高裁に上告。ってホントにしぶといわぁ…。地元にしてみりゃ地元が潤うコトする先生が一番なんだろうけど、自分が一番潤っちゃっう昔のやり方が通用しない時代なんだねぇ。でも昨今の首相みたくクリーンだけど何もしないのもどうかと思うよ…。あーぁそんな事より、賄賂渡した製材会社の「やまりん」を、どうにも「ヤリマン」って読んじゃうオレって…。Ya... ...続きを見る
ガダムン
2008/02/26 17:23
鈴木宗男議員の控訴棄却(東京高裁判決)
26日付IZAニュース及び同エキサイトニュース・毎日配信等に依ると、あの新党大地代表の鈴木宗男衆議院議員が、「林野庁や旧北海道開発庁を舞台にした汚職事件で、受託収賄やあっせん収賄などの4罪に問われた」ところの東京高裁控訴審判決が出され、東京高裁は「懲役2年、追徴金1100万円の実刑判決とした1審東京地裁判決を支持」して、被告人・鈴木宗男議員(弁護側)の控訴を棄却したらしい。IZAニュースに依ると、高裁は「4罪すべてで有罪を認定」したとある。その「4罪」は概略すると、旧北海道開発庁の発注工事に関す... ...続きを見る
時評親爺
2008/02/26 18:35
<三菱ふそう虚偽報告>元会長ぼうぜん 逆転有罪判決で
大型車部品の欠陥を隠し、国にうその報告をしたリコール逃れが断罪された。道路運送車両法違反に問われた三菱ふそう元会長、宇佐美隆被告(67)らに対する15日の東京高裁判決。元会長らは逆転有罪に不満を表明する一方、欠陥車による事故で肉親を失った遺族はいまだに謝罪のない元会長らへの怒りを募らせている。 午前10時過ぎ、グレーのスーツ姿の宇佐美元会長は一礼して入廷。「1審を破棄する。罰金20万円とする」。裁判長の主文が静まり返った法廷に響き渡ると、元会長はぼうぜんと立ち尽くし、青ざめた... ...続きを見る
news blog
2008/07/15 15:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴木宗男議員、2審でも敗訴(有罪判決) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる