税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 米銀でも貸し渋り広がる。

<<   作成日時 : 2008/02/05 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 【ワシントン=矢田俊彦】米連邦準備制度理事会(FRB)が4日発表した銀行の融資に関する調査で、米国内の銀行が個人や企業に融資をする際の基準や条件を厳しくしていることがわかった。低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題をきっかけにした貸し渋りが広がっていることを示した。

 調査は、四半期に1度実施しており、アメリカで営業している79の銀行(米銀56行、海外の銀行23行)を対象に1月中旬までの3か月間の融資姿勢を聞いた。

 企業向けの融資では、米銀の3分の1、海外の銀行の3分の2が融資姿勢を厳格化させたと答えた。

 理由(複数回答)としては、8割以上が「景気見通しの悪化」を挙げた。「(資本不足など)銀行側の経営悪化」も2割以上あった。サブプライム問題による損失の拡大で、融資を慎重にせざるを得ない銀行が相次いでいるとみられる。

 商業用の不動産融資も、米銀の8割が融資条件などを厳しくしたと回答し、1990年の調査開始以来、最も高い比率となった。

 個人向けでは、サブプライムローン以外の優良な顧客向けの住宅ローンでも、米銀の5割以上が融資の条件を厳しくしたと答えた。

(2008年2月5日読売新聞)


 少なくとも、アメリカは不況期に入ったとの認識を示す結果であろう。


 事実、融資姿勢を厳格化させている。


 この影響が何処までの期間になるか、どの位広がりを見せる事になるのかで、世界経済はもちろん、日本経済に影響が何処までになるか心配な所ではある。


 世界中のマネーサプライが広がり続けてきた、とうとう限界点に達したとの見方も出来るが、かなり深刻な状態に突入したと言わざるを得ない。


 株価は将来の指標と言う言葉がある通り、現在の株価の動向は迷走を続けている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米銀でも貸し渋り広がる。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる