税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ライブドアの元社長堀江氏の控訴審が始まる。

<<   作成日時 : 2008/02/22 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ライブドアの連結決算を粉飾したなどとして証券取引法違反の罪に問われ、一審・東京地裁で実刑判決を受けた元社長の堀江貴文被告(35)の控訴審が22日、東京高裁(長岡哲次裁判長)で始まる。一審判決では検察側の主張がほぼ認められたが、被告側は改めて全面的に無罪を主張する方針。元社長は混乱を避けるとして控訴審には出廷しないという。

 一審判決によると、堀江元社長は04年9月期の連結決算の利益を水増しするため、実体のない複数の投資事業組合(投資ファンド)を介した自社株売却益を売上高として不正に計上するなどの手口で、約53億円の粉飾をした。さらに04年10〜11月には、関連会社が出版社買収を発表した際、株価をつり上げるために虚偽の内容を公表するなどした。

 一審では、自社株売却に介在した投資ファンドに実体があったかどうか▽堀江元社長がこれらの不正行為に関与したかどうか――などが争われた。判決はファンドが脱法目的でつくられたと認定したうえで、自社株売却益の売り上げ計上は違法だとした。また、元社長が不正を認識していたとする元取締役宮内亮治被告(40)=控訴中=ら元側近の証言に信用性があると判断。元社長に懲役2年6カ月の実刑を言い渡した。

 弁護側は控訴審で(1)一審判決は公判前整理手続きで争点となっていなかった投資ファンドの脱法性の判断から実刑判決を導いており、法令違反だ(2)当時、堀江元社長には会計の知識が全くなく、違法性の認識はない――などとして改めて無罪を主張する方針。

 一方、検察側は一審判決で主張がほぼ認められたこともあり、「被告側が新たにどんな証拠を出してくるかをみて対応を考える」(東京高検幹部)と余裕の構えだ。
(朝日新聞より)


 過去の人となりつつある、堀江貴文被告だが久々の話題が控訴審の審理開始とは皮肉だ。


 今までも裁判過程を記事にしてきたので、特段に書く事もないが・・・・。



 一審では正に完全敗北と言えるだけに、どう巻き返すつもりなのかは注目できる所であろう。



 ただ、検察の余裕もかなり綱渡りの部分があるだけに、根底からひっくり返る事はないにしても、少し危うい所があるのではないかと思う。



 これからの審理を見守りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブドアの元社長堀江氏の控訴審が始まる。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる