税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 次世代DVDはソニー陣営の勝利!

<<   作成日時 : 2008/02/18 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東芝が次世代DVD「HD―DVD」の生産・販売からの撤退も含めた事業の抜本的な見直しに入ったことで、次世代規格はソニーや松下電器産業が推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」に統一される見通しとなった。国内の映像ソフトの制作・流通現場は、BD普及へ弾みがつくと期待を高める。一方で、東芝の対応次第では、HD―DVD機器の利用者が不便を余儀なくされる可能性もある。

 東芝は週内にも事業の見直しについて発表する。HD―DVD機器を購入済みの顧客への追加的なアフターサービスが必要となるほか、今後はBD対応機器の販売も検討するとみられる。

 映像ソフト制作の関係者は「次世代DVDソフトに関しては様子見が多かったが、BDへの一本化で対応が本格化するだろう」と話す。次世代DVDが本格普及期に入る前に規格が一本化されれば、機器の買い替えが円滑に進み、ソフトを投入しやすいからだ。

 ソフトのレンタル業者にとっても、規格の一本化で、仕入れや在庫管理が効率的になる。最大手レンタルチェーンのTSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、08年度を「高画質対応の年」(増田宗昭社長)としており、統一は追い風だ。

 一方で、すでにHD―DVD機器を購入した人は、不便を余儀なくされそうだ。

 東芝は06年3月にHD―DVD規格のプレーヤーを発売し、その後、レコーダーや搭載パソコンも国内市場に投入してきた。これまでの販売台数は明らかにしていない。

 ここにきて映画大手が相次いでBD陣営につき、HD―DVD規格の新作映像ソフトは次第に発売されなくなる見通しだ。東芝自身が機器の生産・販売から撤退するとなれば、ソフトの供給が細る傾向が加速するのは必至。レコーダーは、ハイビジョン放送を録画して楽しむのがもっぱらの使い道になってしまう。

 HD―DVDレコーダーは製造終了後も8年間はメーカーに部品の取り置きがあり、修理は可能。だが、期間後に故障すれば、録画番組を再生できなくなる事態もあり得る。

 かつてのVTRを巡る規格争いで、ベータ方式で敗れたソニーは、88年にVHS方式に参入した後も利用者に配慮し、02年までベータ方式の生産を続けた。

 東芝の撤退検討が一斉に報じられた17日、東京都内の家電量販店のDVDレコーダー売り場は、買い物客からの問い合わせへの対応に追われた。店員は「朝から同様の問い合わせがたくさんあるが、正式な発表はこれから」と説明。HD―DVD商品については「もし米大手の映画ソフトが出なくなっても、録画機としてはかなりの高機能」と理解を求めていた。

 ある男性会社員(58)は「早い時期の撤退はメーカーとしては賢いのだろうが、撤退するのなら、HD―DVDを売り続けるのは客に損をさせるようなもの。すでに買った客への責任も考えて欲しい」と話した。

 都内の別の家電量販店では、売り場で撤退報道の新聞記事を印刷。「昨晩からこうした報道が出ている。よく考慮して買うことをご検討下さい」と説明している。「これがいまできる最大限、誠実な対応」と現場の責任者。配達前だったため、特別にBD製品への取り換えを受け入れた例も出ているという。
(朝日新聞より)


 ワーナーブラザースの姿勢が東芝のHD-DVDに引導を渡した結果と言うことらしい。


 当初から、ソフト戦争と言われてきた次世代DVD戦争だが、ここに来てブルーレイの圧勝と言う結果だけでなく、共に次世代DVDの規格を勝ち取ろうとする東芝にとっては盟友と思っていたワーナーに引導を渡されてしまった。


 日本国内では、ブルーレイの売上が好調で1対9の売上比率になっているとの指標もある。


 ただ、記事中にも書いてあるがそれでもHD−DVDの将来を買った消費者もいる中、企業としてユーザーにどう対応していくのか、非常に厳しい意見も聞かれる。


 ソニーはビデオ規格戦争に敗れ手ひどい状況に追い込まれた教訓を糧に今回の次世代DVDでは用意周到に囲い込みをしてきたのであろう。


 HD−DVDはあらたな商品開発は行わない方針を固めた以上、これからは明らかにブルーレイを買うことが賢明な選択と言えるであろう。


 今後購入する消費者はあれこれ悩まなくて済むことになる。


 私自身も何回か家電量販店に行ってみたが、正直どちらが良いか分からなかった。


 いずれ、どちらが勝つにせよ一方は撤退を表明する事になるのであろうから、それが明らかになってから買おうと思っていただけに以外に早く決着が着いたなと言うのが印象だ。


 後はHD-DVDのユーザーをどう処遇していくのか東芝の企業姿勢が問われる事になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次世代DVDはソニー陣営の勝利! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる