税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 成人とは何歳から・・・。(民法改正論議始まる)

<<   作成日時 : 2008/02/14 11:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 成人年齢を18歳に引き下げるのか、それとも20歳のままにするのか――。鳩山法相は13日、法相の諮問機関・法制審議会に成人年齢の引き下げの是非について諮問した。憲法改正の手続きを定める国民投票法(昨年5月成立)で投票年齢が18歳以上とされたのに伴うもの。社会での「一人前」の基準を決める根本的な問題だけに賛否は分かれており、どのような結果が導かれるかは不透明だ。法務省は諮問と並行して、世論調査などで広く国民の意見を聴くことも検討している。

 法制審はこれから賛成・反対の均衡に配慮しながら、学者に限らず、高校教師や企業経営者など20人前後を部会の委員に選ぶ予定。

 法制審は3月にも議論を始め、1年がかりで答申をまとめる予定だという。引き下げの方向になっても、法務省が民法の改正案を国会に提出するのは09年秋以降になる見通しだ。

 今回の諮問は一定の方向性を示さず、異例の「白紙」で行われたのが特徴。18歳以上を投票年齢に定めた国民投票法の付則は、2010年の施行時までに民法の成人年齢について「検討し、必要な法制上の措置を講ずる」と定める。成人年齢を18歳に引き下げるか、20歳のままにするか、それぞれの立場で解釈できる余地も残されている。

 国民投票法は、与党が民主党など野党の反対を押し切って採決。この過程で「玉虫色」の付則が付けられた経緯がある。付則については、同じ与党の中でも「民法の成人年齢も一緒に引き下げるのが前提」という主張があるのに対し、「過度な自由が与えられ、伝統的な家族観が壊れかねない」などと引き下げに慎重な声も少なくない。一方の民主党は、成人年齢の18歳引き下げが国民投票をめぐる与党との再協議の前提だとの立場で、曲折が予想される。

 成人年齢の引き下げが実現すれば、日常生活に幅広く影響を及ぼす。

 例えば、未成年には親の許可のない契約なら取り消せるという「保護」がある。国民生活センターに寄せられた、未成年が行った取引の解約に関する相談は06年で3万7858件。成人年齢が引き下げられれば、18歳と19歳はこれまでの保護を受けられなくなる

 現在の民法では、親の許可があれば結婚できる最低年齢は「男性18歳、女性16歳」。成人年齢が引き下げられれば、女性だけに「結婚に親の許可が必要な時期」が残る。

 また、政府の検討会によると少年の保護処分を定めた少年法、飲酒・喫煙を禁じる法律など年齢条項がある法令は308もある民法改正に伴って他の法律も自動的に改正されるとは限らないが、連動する可能性がある法律も少なくない
(朝日新聞より)



 成人とは何歳なのかを議論する日が来た。


 諸外国には18歳としている国も多く、一概に成人は20歳だとする根拠は無い。


 我が国では明治時代に20歳と民法において規定されたに過ぎない。


 人によっては早く自立する人もいれば、かなり年齢を重ねたとしても自立できない人もいる。


 その点では、一概に年齢で決め付ける事はできない。


 故に、私は精神年齢や自立を民法の規定の根拠とするのは意味がないのではないかと考える。


 であるなら、どうするべきかだが・・・・。


 私は逆に考えるべきなのではないかと思う。


 何歳までは保護すべきなのかと言う点だ。


 現在の社会では、18歳を超えると大概の人は高校を卒業する。

 
 そして、社会に出て行く人も少なからず出て来る訳だから、私は18歳を成人と捉える方が実勢にあっているのではないかと思う。


 皆さんはどう思いますか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
飲酒・喫煙に関しては、現行法を維持し、それ以外は18歳で充分だと思います。
18歳になったら大人の自覚を持たせる、早い方が良いと思いますよ。
クルトンパパ
2008/02/15 06:29
こんにちは。義務教育を終了した時点で社会に出る人もいます。義務教育が終わった時点とも考えられると思います。ただし、現在の義務教育内容では無理があると思いますが。私は被選挙権と選挙権が同一年齢でその年齢を成年と考えるのが妥当ではないかと思っています。
一般人
2008/02/15 10:36
 クルトンパパさん、コメントありがとうございます。
 飲酒は別にして、喫煙は20歳で良いと私も思います。
 私自身喫煙者なので人のことは言えませんが、出来るならすわなければ良かったとこれだけは後悔しています。
すかんく
2008/02/15 15:47
 一般人さん、コメントありがとうございます。 
 義務教育は短すぎるのではないかと私は考えています。
 確かに今の教育のあり方では高校そのもの価値が低下しているかも知れませんが、教育は国の基本であり、我が国の最大の資源は人だということです。
 できるのなら、高校も義務教育にすべきだと考えています。
 それと、被選挙権の取得ですが衆院で25歳、参院で30歳という問題もあるのでなかなか難しいのではと思います。
 クルトンパパさんの仰る通り、少しでも早く自覚を持たせる事が大事なのかも知れません。
 本文にも書きましたが、私の意見としては少年の範囲を決めそれ以上の年齢になれば責任と自覚を促すことが自立に向けた最初の一歩になるのではないかと考えています。
すかんく
2008/02/15 15:54
すかんくさんの仰る通りに、少年の範囲を決めそれ以上の年齢になれば責任と自覚を促すことは大切だと思います。ただ、18歳を成年とすることには無理があると思っています。権利と義務のうち、まずは義務を教えることが最初かと。そういった意味合いでは少年の刑事責任は問われてしかるべきかと。裁判の結果として刑務所か少年院かが決められるべきかもしれません。例えば無免許運転などは、大人と同じ刑事罰があってしかるべきかと。義務を果たすことが権利を主張する前提だと思っています。
一般人
2008/02/15 19:12
 一般人さん、コメントありがとうございます。
 仰る通りです。権利には義務が伴うのだと言うことを理解させる事は何よりも大切な事だと思います。
 言葉を書くのは難しいのですが、正確に私の思いを書くと権利と義務は併記であって権利と義務の関係は同じ位置にあると思っています。
 現代の社会はとかく権利ばかりが主張されがちです。その点で言うと一般人さんの言われることには共感を覚えます。
すかんく
2008/02/18 11:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
成人とは何歳から・・・。(民法改正論議始まる) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる