税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「のっとり弁護士」が「弁護士のくず」を訴える。

<<   作成日時 : 2008/02/14 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 雑誌「ビッグコミックオリジナル」に連載中の漫画「弁護士のくず」をめぐり、登場人物や物語の構成を自著から盗用されたとして、小説「乗っ取り弁護士」(ちくま文庫)の著者・内田雅敏弁護士は13日、発行元の小学館(東京都千代田区)に連載の差し止めなどを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

 漫画は06年にテレビドラマにもなった。問題とされたのは、同誌の1月5日号から始まった「蚕食弁護士」のシリーズ。別の弁護士が監修しており、小学館によるとこれまでに3回連載され、次号の3月5日号(2月20日発売)で終わる予定だという。

 内田弁護士側は、小説で主人公の弁護士に相談を持ちかけた企業オーナーが顧問弁護士に解任されるといった筋書きや、小説で使い、通常はあまり使われない「蚕食」という言葉が登場することなどから、このシリーズは「小説なしには存在し得なかった」と主張している。

 申し立て後に東京都内で記者会見した内田弁護士は「小説は自分の経験をもとに構成したものだが、漫画の構成が全くそのままで心外だ」と話した。申し立てについて小学館は「内容を精査し、作家とも協議して今後の対応を決める」としている。
(朝日新聞より)



 冗談の様なタイトルになったが、内田弁護士が書いた本と井浦秀夫氏の書いた「弁護士のくず」の内容とが酷似していることが原因らしい。


 監修は別の弁護士がしているとのことで、著作権をめぐる戦いという事になる。


 残念な事に私はこの漫画も本も読んだ事がないので、詳しくどの部分がそうなのかは分からないが、たぶん、このまま行くと漫画の方が分が悪いのではないかと思う。


 大体、こう言った事例の場合、過去に起こった事例を題材に選ぶ事が多いのだろうから、どうしても中身の事案が重複する事がある。


 その場合でも、出展を明らかにする事は必要であろう。


 なかなか、難しい問題ではあるが・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「蚕食」についてのクチコミブログをピックアップ
蚕食 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… ...続きを見る
クチコミブログをピックアップ
2008/02/14 18:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「のっとり弁護士」が「弁護士のくず」を訴える。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる