税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日経平均大幅下落!

<<   作成日時 : 2008/01/21 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 週明け21日の東京株式市場は、ブッシュ米大統領の景気対策への失望売りが広がった前週末の米国の株安を受け、大幅に反落している。

 日経平均株価(225種)の下げ幅は一時、前週末終値比で460円を超え、18日に続いて1万3400円を割り込んだ。

 日経平均の午前の終値は、同466円1銭安の1万3395円28銭、東証株価指数(TOPIX)は同39・80ポイント低い1301・70だった。第1部の午前の出来高は約8億9000万株。

 18日にブッシュ大統領が発表した景気対策は、市場では「サプライズがない」(大手証券)と受け止められた。さらに、円相場が対ドルだけでなく、対ユーロで円高になっていることも売り材料となり、自動車や機械など輸出関連株を中心に値を下げている。

 市場関係者の間では、「米景気の後退懸念に加え、国内景気や企業業績の先行きへの不安が積み重なり、株価の重しになっている」(大手証券)との見方が出ている。

(2008年1月21日読売新聞)


 午前の終値で460円安となり1万3400円を割り込んだ。


 アメリカで15兆にも及ぶ減税が発表されたが、市場は足りないとの認識と即効性がないという思いがあったようだ。


 私の感想だが、幾つかの企業は企業業績もよく配当基準日が近い中、これ程売られるのはパニックに近いのではないかと言う印象を持つ。


 海外投資家は所詮他人様なのだと言うことが今回証明された事になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
取引量が少ない年末年始
毎年のことなのですが、クリスマス頃から年始まで欧州の市場は休暇に入ってしまい、売買高が非常に少なくなります。そんなときは需給の関係から、東京市場で小動きな展開でも、ロンドン、NYの時間帯になりますと、大きくレートが動いてしまうことがあります。ファンダやテクニカル、経済指標などに関係なく、投機的な動きに振り回されてしまうこともあるので注意が必要です。この時期はファンダメンタルな要素ではなく、需給や投機的な要素から特に予想困難な動きをするので気をつけましょう。【本日のお勧めFXノ... ...続きを見る
FX入門,日経平均大幅下落!
2008/01/21 17:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日経平均大幅下落! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる