税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡3幼児死亡事故で地検が控訴へ

<<   作成日時 : 2008/01/21 13:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2006年8月、幼児3人が犠牲になった福岡市の飲酒運転追突事故で、福岡地裁で業務上過失致死傷罪と道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)を適用されて懲役7年6月の判決を受けた元市職員今林大(ふとし)被告(23)について、福岡地検は21日、危険運転致死傷罪を適用しなかった判決を不服として、福岡高裁に控訴した。

 福岡地検は、現場が見通しの良い直線道路であることから、被害者の車を発見するのが遅れたのは、単なる脇見ではなく、危険運転致死傷罪の構成要件である「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態だった」のが原因と判断。判決には事実誤認があるとしている。

(2008年1月21日 読売新聞)



 この問題も最後まで闘われるであろう事は間違いない。


 危険運転致死傷罪の構成要件が厳しいのも問題であると同時にひき逃げへの罰則をもっと強化しなければ、逃げ得ということになりかねない。


 感情面で言えば、この事件も明らかに危険運転致死傷罪を問われてしかるべき事件であろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡3幼児死亡事故で地検が控訴へ 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる