税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 通常国会の論戦スタート

<<   作成日時 : 2008/01/21 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 福田首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が21日午後、衆院本会議で始まる。衆参で与野党勢力が逆転した「ねじれ国会」を踏まえ、最初に質問に立つ民主党の鳩山由紀夫幹事長は「参院第1党」の立場から同党の政策の説明に時間をかけ、「民主党版の施政方針演説」と位置づける。また、福田首相に早期の衆院解散・総選挙も迫る。これに対し、自民党の伊吹文明幹事長は「野党の公約はすべて約束手形だ」と主張し、実現性への疑問を示す。

 両党とも、福田首相への質問を従来より絞り、互いの政権担当能力をめぐる論戦に重点を置く。

 鳩山氏は、基礎年金部分を全額税方式にする▽「子ども手当」や農業の戸別所得補償制度の創設▽地方自治体への一括補助金交付――など、民主党の「公約」を説明。「国民生活はほころび、格差が拡大している。自民、公明両党に政権を運営する能力はない」と福田政権を批判し、民主党に政権を交代すべきだと主張する。

 これに対し、伊吹氏は「(政府提出の)来年度予算案や予算関連法案などは、与党として責任ある公約や財源を明示し、具体的に国民生活に生かすものだ」と述べ、政策の正当性を強調。「野党は政権を担当していないので、公約をしても商品を誰も手に取って見たことはない」と反論する。

 通常国会の最大の焦点で、3月末に期限が切れるガソリン税の暫定税率延長などを盛り込んだ予算関連法案について、鳩山氏は「福田内閣はガソリンが高騰していく中で、国民生活や経済運営はそっちのけで、インド洋で米軍艦船などにただで油を渡すことにきゅうきゅうとしていた」と批判。伊吹氏は「参院で議案の可否を決定する権限を持った民主党は党利党略でなく、逃げずに賛否を明らかにしなければならない」と述べ、民主党による審議・採決の引き延ばし策を牽制(けんせい)する。
(朝日新聞より)


 自民党の幹事長が言っている事は的外れであろう。


 野党である以上、野党側の政策はいつでも約束手形である可能性の方が高いのはしかたが無い。


 だが、民主党の方もあまりにも安易でアメだけが並べられている感は否めない。


 どちらにせよ、政策や制度そのものが疲労をきたしている現状は間違いないのだと思う。


 昨年明るみにでた年金問題、止まぬ薬害問題や汚職問題にある程度の目鼻立ちや防止策が必要なのも間違いない。


 経済においてもサブプライム問題に端を発した未曾有の経済危機が叫ばれている。


 その問題にどの様な政策で立ち向かっていく事が必要なのかを考えなければならない。


 今年は間違いなく衆院選が行われることになる。


 これからの自分たちの生活がどの様になるのかを有権者ひとりひとりが考えなければならない。


 色々な意味で今年はこれから先10年を占う上で大切な年となる。


 誰かスーパーマンが出てきて解決してくれる事等、絶対にないのだと有権者一人一人が自覚しなければならない。


 自分たちの生活は自分たちで守らなければならない。


 世の中に、「関係ない」などということは殆どない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通常国会の論戦スタート 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる