税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシアに国を売った男

<<   作成日時 : 2008/01/18 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 内閣情報調査室の男性職員(52)がロシア側に情報を渡していたとされる事件で、職員が数年間にわたり複数の在日ロシア大使館員から現金計約400万円を受け取ったと話していることがわかった。内閣官房は17日、職員を懲戒免職処分にした。渡していた情報については「重大な秘密にあたるものではなかった」との見解を示した。

 内調によると、職員は総務部門に所属していた07年1〜10月、8回にわたってロシア大使館員と接触し、国内外の情勢に関する有識者会議の発言内容などについて自らまとめた文書などを提供。その際、飲食接待を受けたほか、現金計82万円を受け取っていたことを確認した。これらの行為は国家公務員倫理法違反にあたり、懲戒処分の理由となるとした。

 職員は94年採用。国際部門所属だった98年、外部の会合で当時のロシア大使館員と知り合い、飲食の接待を受けるようになった。その後、内閣情報集約センターに移ったころから現金提供を受け始めた。情報提供を始めたのは、内閣衛星情報センターに所属していた2年ほど前からで、ロシア側から特定の情報を要求されることもあったという。

 職員はほぼ月に1回の割合でロシア大使館員と接触していたという。受け取った現金は1回数万〜10万円程度で、総額約400万円。競馬や飲食代などに使ったと説明しているという。

 記者会見した内調の河辺有二総務部主幹は「カウンターインテリジェンス(防諜(ぼうちょう))の中心的役割を担うべき職員が外国政府機関職員から繰り返し金銭を収受していたことは極めて遺憾」と述べ、書類管理の見直しなどの再発防止策を検討すると表明した。職員が提供した情報に秘密指定されたものはなく、明らかな守秘義務違反は認められないと説明した。
(朝日新聞より)


 事実、守秘義務違反があったとしてもそうだとは認める事はできないであろう。


 どちらにせよ、この男性職員は日本と言う国家をたった400万円で売った事には変わりない。


 懲戒免職は当然だし、刑事罰に値する行為と言えようがそうなる事はないのであろう。


 日本は冷戦時代からスパイ防止法等の法が無いことからスパイ天国と呼ばれてきたらしい。


 それにしても、内閣情報調査室の職員が国家を裏切り情報を流していたとする事実そのものが問題であり、嘆かわしい事に変わりはない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ロシアに国を売った男」について
「ロシアに国を売った男」について 防衛刑法(戦前の陸海刑法に相当)を制定し、安全保障に関わる(特に防衛について)の犯罪には厳罰に処することにすべきである。 ...続きを見る
tamagawa
2008/01/18 17:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
防衛刑法(戦前の陸海軍刑法に類する法律)を制定し、安全保障(特に国や自衛隊の機密情報)を漏らす者や自衛隊の施設・武器等に危害を加える者を厳罰に処すべき(死刑または無期懲役など)である。
多摩川乱歩
2008/01/18 15:53
現代社会に於いて、公務員の資質が問われる時代、何が根本から履き違えているようです。ただの就職であるなら民間に行けばよい。安定した職業?この意識からして公務員の質を下げている。 よりによって、国の情報を売り渡すなど、まさしく売国奴と言っても過言ではないでしょうね。
義宗
2008/01/19 09:41
多摩川乱歩さん、こめんとありがとうございます。
 スパイ防止法等の法律を制定する事を正直に言えばあまり好ましい状態ではないと思っています。
 ただ、中国での領事館員の自殺問題や昨年明るみに出たイージスシステムの漏洩問題をみるとそう言った法制が必要な時代になってきているのではないかという危惧を覚えます。
すかんく
2008/01/21 13:15
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 公務員の倫理観の欠如は甚だ問題な領域にまでなってきているのかもしれません。
 どうすれば良いのか正直に言うとわかりませんが、非常に問題のある話だと思います。
すかんく
2008/01/21 13:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシアに国を売った男 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる