税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下弁護士今度は大阪府知事選に立候補!

<<   作成日時 : 2007/12/05 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 来年1月27日投開票の大阪府知事選で、自民党は4日、大阪弁護士会所属の橋下(はしもと)徹弁護士(38)を擁立する方針を固めた。本人も了承しているといい、今月中に記者会見を開いて正式発表する見通し。自民党は公明党と連携し、橋下氏を推薦する方向で調整しており、民主党にも同調を呼びかける構え。ただ、民主党内には独自候補擁立論も根強く、民主の動向次第では11月の大阪市長選に引き続き、激戦になる可能性が出てきた。

 橋下氏をめぐっては、自民党大阪府連幹部と党幹部が連絡をとりつつ、水面下で慎重に調整を進めてきた。同党は「告示まで1カ月あまりしかない。橋下氏はテレビ出演などを通じ、知名度が高く、無党派層からの支持も期待できる」(党府連幹部)としている。

 自民はこれまで、公明と足並みをそろえながら、民主との3党相乗り候補を模索してきた。大阪市長選で民主推薦の候補者に敗れ、総選挙を前に2連敗は避けたいとの思惑があった。民主も、独自候補に自民、公明両党が相乗りしてくることは拒否しない姿勢を示していた。

 だが、3選出馬の意向を示していた太田房江知事が3日の緊急記者会見で出馬を断念。自民、民主、公明3党が相乗りを視野に候補者選びを進めていることに批判の声も出始めている。自民は民主が同調しなくても、自民、公明両党で橋下氏を推薦する方針。

 橋下氏の公式ホームページによると、同氏は東京都出身。大阪府立北野高校、早稲田大学を卒業後、97年に弁護士登録した。テレビ番組に多数出演し、大阪市長選でも自民党の独自候補として名前が取りざたされていた。

 府知事選にはこれまで、共産党推薦で弁護士の梅田章二氏が無所属で立候補を表明している。
(朝日新聞より)



 まず、良いのか大阪府民、本当にそれで良いのか?


 確かに今までもありえない選択をし続けているとは言え、本当にそれで良いのかという疑問が沸々と湧いてくる。


 橋下氏は確かに弁護士であり、ある程度の認知度と知識を有してはいるであろう。


 だが、突拍子も無い言動などがあり、思慮を欠いた側面も見受けられる。


 確かに他府県の事でもあり、どうでも良いと言えば言えなくもないが・・・・。


 他に候補が出てくることを願いたい気分だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本人は否定したようですね。
とにかく、名前が出ているのが、とにかく「名前が知られていること」前提のようで、能力とか二の次のようです。
本当にそれで良いんでしょうか?
クルトンパパ
2007/12/06 06:21
 クルトンパパさん、コメントありがとうございます。
 そうですよね。最近の候補者選びを見ていると、知名度が先行しすぎているような気がします。特に知事職はその都道府県で1人しかいないわけですからね。
 どうしたものかなーと言う感じがします。
すかんく
2007/12/06 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
橋下弁護士今度は大阪府知事選に立候補! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる