税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS パキスタン・ブット元首相暗殺!

<<   作成日時 : 2007/12/28 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 パキスタンの首都イスラマバード近郊のラワルピンディで27日午後5時(日本時間同9時)ごろ、ベナジル・ブット元首相(54)の集会会場付近で爆発があった。現地からの情報によると、ブット氏は何者かに銃撃を受けた後、自爆テロに巻き込まれて死亡。来年1月8日予定の総選挙に向けて支持を強める同氏が暗殺されたとみられる。犯行声明などは出ていないが、同国内ではイスラム過激派の活動が活発化している。

 ロイター通信によると、ブット氏は演説を終えて会場を車で出ようとした直後に頭部付近を銃撃され、その後に犯人とみられる男が自爆した。

 同国内務省スポークスマンなどによると、ブット氏は病院に搬送されて手術を受けたが死亡が確認された。爆発ではほかに約20人が死亡し、多数が負傷した。

 ムシャラフ大統領は27日夜、国営メディアを通じ、ブット氏暗殺を非難するとともに国民に平静を呼びかけた。国民的人気があるブット氏が暗殺されたことで、パキスタンの政情が一層不安定化しそうだ。適切な警備態勢などを敷かなかったとして、ムシャラフ大統領への反発が特に強まるとみられる。地元テレビ局などは、ブット氏の支持者による抗議デモが各地で始まったと伝えた。

 現場付近は、爆発による破片が飛散。混乱するなか、犠牲者らの遺体の上にブット氏が総裁を務める野党パキスタン人民党(PPP)の党旗がかけられた。

 パキスタンでは、軍参謀長兼務のまま再選を狙ったムシャラフ大統領への反発から、野党支持者によるデモや自爆テロが相次ぎ、政情が不安定化。これを封じるためムシャラフ氏は11月に非常事態を宣言し、12月15日まで事実上の戒厳令を敷いた。

 政権復帰を狙うブット氏は総選挙に向けて10月に帰国を強行したが、その直後、カラチで同氏を狙った連続爆弾テロが発生。130人以上が死亡したが、その後もブット氏は活動を続けていた。

 有力野党を率いるシャリフ元首相は、英BBCテレビに「パキスタン全体にとっての悲劇だ。政府は適切な対応をとるべきだった」と語り、政府を批判した。
(朝日新聞より)


 ブット元首相が暗殺された。


 今年に入り、パキスタンに帰国し総選挙に出馬しようとしていたブット氏だったが無念の最後となった。

 
 殺害予告なども出される中での出来事であり、現パキスタン政府を非難する声もでている。


 ムシャラフ大統領に対する批判が高まる中、より一層の舵取りの困難さが増す事は間違いない。


 言論に対する一方的な暴力は決して許される事ではなく、犯行に関与しているであろう全ての機関は恥を知るべきだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パキスタンのブット元首相暗殺される
政治家が無事に命を永らえて天寿を全うできる。 これだけでも相当に大変なことだ、とは日本にいると実感できないのだが。 このところ政情不安の続くパキスタンで、有力野党、人民党のブット総裁(元首相)が、暗殺された。 演説後、車に乗り込んで、支持者に応えるため.... ...続きを見る
虎哲徒然日記
2007/12/30 11:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パキスタン・ブット元首相暗殺! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる