税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 下着投棄男が強殺容疑で再逮捕!

<<   作成日時 : 2007/12/26 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 大阪・梅田のホテルで94年に会社員の女性(当時26)が殺害された事件で、大阪府警は25日、女性用下着を民家に投げ捨てた廃棄物処理法違反罪で起訴された会社員押谷和夫容疑者(48)=同府茨木市彩都あさぎ3丁目=を強盗殺人容疑で再逮捕した。公訴時効成立(当時15年)まであと1年だった。府警は押谷容疑者と女性が何らかのトラブルになったとみているが、押谷容疑者は「はっきり覚えていない」と容疑を否認しているという。

 調べでは、押谷容疑者は94年1月16日夕、大阪市北区梅田1丁目のホテルで、デートクラブから派遣されてやって来た女性の頭を鈍器のようなもので何度も殴り、首を絞めて窒息死させたうえ、女性の財布が入った手提げバッグを奪った疑い。

 府警の調べで、殺害現場のホテル客室に同日午後チェックインした男は、客室から複数のデートクラブに派遣依頼の電話をかけていたことが判明した。最後に電話した店で働いていたこの女性がたまたま男の部屋に同午後5時20分ごろに派遣され、直後に殺害されたとみられる。男は同6時20分ごろにホテルを出ており、府警は女性が入室してすぐに何らかのトラブルになったとみている。

 昨年6月以降、茨木市で女性用下着が民家の庭などに投げ捨てられる事件が相次ぎ、目撃証言などから押谷容疑者が浮上した。府警が今月2日、押谷容疑者を廃棄物処理法違反容疑で逮捕。下着に付着した体液などから採取されたDNA型を、警察庁のDNA型データベースで照合したところ、14年前の殺害現場に残された体液のものと一致した。
(朝日新聞より)


 14年前の強盗殺人事件が解決した。


 逮捕されたのは、女性物の下着を人の民家に投げ捨てていた男だった。


 時候まで、1年と言う中での逮捕劇と言うことになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時効一年前の逮捕劇、まさに現代捜査の賜物でしょうか。やりすぎは個人情報云々あるでしょうが、日本も犯罪が多様化してきているのだから、そろそろIDカードや指紋登録などすべき所まで来ているのかも知れません…。
義宗
2007/12/27 01:36
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 正直言って、指紋登録には抵抗があります。
 しかし、社会保障の面からもソーシャルセキュリティナンバーの様な物は考えなければならない時代に来つつあるのかも知れません。(気は進みませんが・・・・。)
すかんく
2007/12/27 11:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
下着投棄男が強殺容疑で再逮捕! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる