税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校生の修学旅行「中韓減って米豪伸びる」

<<   作成日時 : 2007/11/09 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 修学旅行で海外渡航する高校生が増える中、行き先として韓国、中国が減り、オーストラリア、アメリカが増えていることが文部科学省が隔年で実施し、8日にまとめた「国際交流の状況」調査で分かった。

 全国の公私立高校5370校を対象とした調査によると、06年度に修学旅行で海外へ行ったのは公立464校、私立541校の計1005校で延べ17万7750人。92年度の約7万9000人の倍以上となった。高校生は全国に約350万人いるが、3年間で修学旅行に1回しか行かないと想定すると、約15%が海外へ行っている計算になる。

 行き先をみると、最多は豪州の3万8832人で、以下、米国、韓国、シンガポール、中国と続く。このうち、豪、米は増加傾向が続いているが、韓国は96年度以降減少中で、中国は02年度から急激に減った。

 文科省国際教育課は「豪州や米国は人気があり、言葉の面でも行動しやすい。中国は新型肺炎SARSや、韓国は韓流ブームが落ち着いたことが影響している可能性がある。ただし、近隣国で渡航費用も安いため、また増えると思う」と分析している。
(朝日新聞より)


 
 前にも書いたかも知れないが、今頃の高校生は修学旅行で海外に行くのか〜。


 私のころは京都、奈良が殆どだった。


 だが、年齢の若い内に他の国を見る事はとても良いことなのだと思う。


 私は大学院の時にはじめて海外に行った。


 それ以前にも、行けるチャンスはあったのだが、どうも、内向的だったのか臆病だったのか自分でそのチャンスをふいにしてしまった。


 今考えれば、もったいない事をしたと思う。


 時代が変われば、こうなる物かと今日の記事を見て思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
正倉院展
昨年はいっぱいで見れなかった!今年は是非、見たい!やはり平日もあってお年をめされた方が多かったです。展示されているものは歴史の重みを感じ素晴らしいものばかりで感激です。行ってよかった!でも少し気になったことがあります。それは、外の売店や屋台ですが、スナック類が多いです。時代が変化しています。お年をめされた方には合わないのでは?買い食いしたり、外で立って食べたりもされないと思います。売店でも以前のような賑わいはみられません。おそらく、歴史にそれほど詳しいという訳ではなく、「時間... ...続きを見る
武内コンサルティング
2007/11/09 18:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校生の修学旅行「中韓減って米豪伸びる」 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる