税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 北九州市でまたも生活保護を認めない事例が発覚

<<   作成日時 : 2007/10/05 11:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

 生活保護の申請を容易には受け付けない「水際作戦」が批判された北九州市で、3回も福祉事務所を訪れながら申請書すら渡されず、自殺寸前まで追い込まれた女性(47)がいた。3回目は、市が設置した第三者委員会が検証を進め、問題点の指摘を始めた矢先の7月だった。女性の携帯サイトへの書き込みで窮状を知った弁護士らが申請を支援。一命を取り留めた女性は保護を受け、小学3年の次男(9)と暮らしている。

 同市小倉南区に住む女性は05年夏、突然両手の感覚を失い、職をなくした。原因不明で服薬治療を続け、児童扶養手当などで暮らそうとしたが、行き詰まった。家賃や国民健康保険料を滞納し、06年2月に小倉南福祉事務所を訪ねた。

 窓口の職員に長男(23)や親兄弟に援助してもらうよう言われ、面接室に1人残されたという。後に入手した記録には「申請意思なし」に○がついていた。

 家賃滞納のまま食事にも事欠いていた今年3月、次男が41.5度の熱を出した。救急車を呼び、ことなきを得たが、医療費がない。「このままではこの子を殺してしまう」。再び福祉事務所へ行ったが、保険証の発行を受けただけだった。

 近所の住民が食事を分けてくれた。しかし、光熱費の滞納は続き、まずガスが止められた。水風呂に入る日々が続き、電気も水道も停止日の通知が届いていた。狭心症、うつ病の疑いもあった。でも、金がない。

 7月6日、また福祉事務所に足を運んだ。職安に通っていたが、まともに働ける状態ではない。それでも相談は国保の話に終始し、保護の申請書はもらえなかった。「これは死ねってことか」。帰宅後、電気が止められた。

 市内では05、06年に申請書をもらえずに男性が相次いで孤独死した。今年2月に就任した北橋健治市長は保護行政の検証を表明し、5月に第三者委を設置。6月には同委のメンバーが「申請書を渡すべきだった」と指摘していた。
(朝日新聞より)


 社会福祉の意味が本当に理解されているのか疑いたくなる話だ。


 市民のいない国や地方自治体が存在するとでも思っているのであろうか。


 確かに社会福祉に該当しない事例がないかと言えば疑問のある事例もあるであろう。


 だからこそ、決めの細かい支援の決定プロセスが必要なのではないか。


 この事例は誰か助けてという女性の叫びにより救われた事例ではあるが、北九州市においてはこの日本において餓死者を出す事例すら出した。


 競争社会も弱肉強食の社会も良いだろう、だが憲法にもうたわれているがセーフティネットの働かない社会は最早、国の様相を呈しているとは言えない。


 日本は今だ江戸時代を彷徨っているのかと疑いたくなる話だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
元うつ病のカウンセラーが教えるストレス解消法
もし、あなたが、ストレスを抱えて、ゆっくりと眠れず、寝不足で、月曜の朝を迎えるのが怖いなら、ぜひ最後まで読んで、ストレスを解消し、何も気にせずに、ゆっくりと眠ってください。 ...続きを見る
うつ病克服
2007/10/06 06:39
国民健康保険の重要性
保険と聞いたら、生命保険や自動車保険を思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、1番皆さんが利用されているのが、国民健康保険なんですよ。当然知ってますよね。細かく説明しますと、あらゆる保険のうち、国民健康保険法、その他の法令に基づいて運営される、健康保険が「国民健康保険」というものなんです。 通称、「国保(こくほ)」と言われています。この健康保険の内容を、必要な人、そうでない人に関わらず、どれだけ知っていますか? 市町村が主体となって、「国民健康保険」の運営を行います。市町村... ...続きを見る
生命保険の比較情報
2007/10/06 14:42
国民健康保険 国民健康保険料
いろいろな保険の中で、国民健康保険法やその他の法令に基づいて管理・運営されるのが、「国民健康保険」なのです。 私たちは、「国保(こくほ)」と言います。国民健康保険についての知識を、どれだけの人が知っているのでしょうか? 市町村が管理・運営しているのが、「国民健康保険」です。税金をそれぞれが出し合いながら、支えあう制度なのです。 しかしながら、少子高齢化に影響により、医療費が増加しています。そのため、全国的に国民健康保険料が高騰、払えない人が増えてきています。 自治体ごとでも、... ...続きを見る
国民健康保険 国民健康保険料を知ろう
2007/10/17 03:21
はじめましてー
はじめまして〜 僕のブログにようこそ。 ...続きを見る
僕のブログ
2007/10/23 19:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この事例は特異な事ではないが、逆を言えば不正受給者もいるはずだ。 それこそ、役人は机に座ってないで、現状把握の為に、実態調査に出歩く事こそ職務ではないであろうか?門前払いも分かるが、調べもしないで、申請すらさせないと言うのは、機能していないのと同じではないであろう? 格差社会とは云え、現代に於いて、餓死や孤独死なんてどこか変ではないだろうか?
義宗
2007/10/05 17:30
テレビでとっても元気そうなブラジル人が生活保護を打ち切られそうになり日本語の話せるとっても元気なブラジル人のおばさんを連れていったところ生活保護が継続できることになりよかったよかったというのをやっていたが、外国人には生活保護をすぐに出すのに日本人にはなかなか出さない。変な国だな。
美しい国の美しい人
2007/10/05 23:13
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 義宗さんの仰るとおりだと思います。人によっては違う反応もあるのかもしれませんが、ケース、ケースにより違う対応が必要なのだと思います。
 仕事である以上、人員などの制約があるでしょうがもう少しやりようがあるのではないかと思います。
 セーフティーネットは必要であり、その運用はきめが細かい必要があると思います。
すかんく
2007/10/07 15:43
 美しい国の美しい人さん、コメントありがとうございます。
 自治体によって色々な問題を抱えているのでしょうが、北九州市の場合には見ているとマニュアルを作り出来るだけ生活保護を受ける人を抑制するように市自体が運用しているように思います。
 どうして、そうなったのかをより詳しく調査される事もあわせて知りたい物です。
すかんく
2007/10/07 15:48
生活保護法の目的「生活に困窮するすべての国民に対し・・」により、たとえ申請がなくても、「窮迫した状況にあるときは、」必要な保護をおこなわなければならないのに・・・
 福祉事務所だけではなく地域の民生委員、自治会等も、当人の生活困窮状況について説明するなど協力体制が必要。地域が皆孤立化し無縁化している気がする。さびしいですね。
KITA
2011/05/31 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
北九州市でまたも生活保護を認めない事例が発覚 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる