税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーベル賞学者が差別発言で大騒動!

<<   作成日時 : 2007/10/20 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 DNAの二重らせん構造を発見して1962年にノーベル医学生理学賞を受けた米国の分子生物学者ジェームズ・ワトソン博士(79)が英紙とのインタビューで、黒人が人種的に劣っているという趣旨の差別発言をし、大きな波紋を呼んでいる。

 同博士は14日付のサンデー・タイムズ紙で「アフリカの将来を悲観している」とし、「社会政策はすべて、彼ら(=黒人)の知性が我々の知性と同じだという前提を基本にしているが、すべての研究でそうなっているわけではない」と語った。さらに「黒人労働者と交渉しなければならない雇用主なら、そうでないことを分かっている」と続けた。

 この発言に対して、同博士が所属する米ニューヨーク州のコールド・スプリング・ハーバー研究所の理事会は18日、「遺憾だ。我々は、ワトソン博士の発言につながるような研究は一切行っていない」と厳しく批判。博士を停職とすることを決めた。

 ワトソン博士は新著の宣伝活動で英国を訪れていたが、講演のキャンセルが相次いだ。博士は18日、「ただただ謝るのみ。発言は私の本意ではない。もっと大切なことは、発言に科学的な根拠がまったくないことだ」と謝罪し、宣伝活動を中止して帰国した。
(朝日新聞より)


 白人の人間の脳の内側を垣間見た気分だ。


 人種差別をする人は忌み嫌われる。


 だが、アメリカの社会を見れば良く分かることであろう。


 声に出して言う人はそれ程多くはないが、あの国には見えない人種差別は存在すると思う。


 知識人と呼ばれる人は人種差別主義者だと言われる事を極度に嫌う。


 だが、数百年続いてきた人種差別の思想は数十年位では剥ぎ取る事はできない。


 私はアメリカの白人の中には表立った人種差別ではなく、隠れた、言葉を変えれば本人すら気付かない人種差別の思想が息づいているのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
生理の遅れ
女性の身体は、女性ホルモンの働きによって微妙にコントロールされています。思春期になって排卵の準備が整ったら、その印として生理という出血がみられます。正常な形の生理の出血は1ケ月の周期、約28日ごとにおとづれます。 ...続きを見る
生理周期計算
2007/10/20 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカの人種差別といえば、大学で木に首吊りのロープをつるして黒人を馬鹿にするということが問題になっていますね。これは白人の生徒が昔黒人を木につるしていたのを真似してやっているとのことです。白人って本当に有色人種が自分より勝ったことをしているのが許せないんですよね。この無意味な白人の黒人や黄色人種に対する優越感がはやくなくなってくれるといいですね。
美しい属国の人
2007/10/21 04:21
 美しい属国の人さん、コメントありがとうございました。
 そうですね、仰るとおりだと思います。本当の意味での人種差別が早くなくなる事を祈ります。
すかんく
2007/10/23 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーベル賞学者が差別発言で大騒動! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる