税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 角福戦争再び!

<<   作成日時 : 2007/10/12 14:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 田中氏は会派「民主党・無所属クラブ」の代表として質問。福田内閣について「閣僚のほとんどが前内閣の積み残し。これでは『安倍康夫内閣』だ」と攻撃。福田氏は「私への励ましと受け止めた」と受け流し、田中氏も、「角福戦争」を繰り広げた両氏の父の時代からの付き合いであることを念頭に「友情も感じている。親子三代のご交誼(こうぎ)だ」と応じてみせた。

 田中氏はさらに、小泉元首相の北朝鮮初訪問と拉致被害者帰国の経緯を細かく質問。官房長官だった福田氏の当時の対応をただした。だが、首相は「私もいい年だから正確には覚えていない」「正確に聞きたいなら、質問を前日に出していただきたい」と述べるにとどめ、議論はすれ違い気味だった。

 委員会終了後、田中氏は首相の答弁について、「役人以上に役人的ですから」と感想を漏らした。
(朝日新聞より)



 ここまでの所、福田首相は「暖簾に腕押し」「ぬかに釘」と言った所だ。


 良く言えば、大人の対応と言えなくもないが、かわし方は天下一品といったのが私の感想だ。


 狸さ加減は父譲りなのかも知れない。


 時代が変化し続ける現代において、いつまでもこの戦法だけでは続かないであろうが、急遽の登板なだけにあまり多くは期待できまい。



 父親同士の時は血で血を洗うと言った様相を見せていたが、今回の勝負は福田氏の方が大人な対応に終始した。


 難問山積なだけに、それをどうかわして行くのかが注目点であろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
田中氏、「安倍康夫内閣」と批判 再来「角福戦争」
12日の衆院決算行政監視委員会で、田中真紀子元外相(無所属)が質問に立ち、福田首相への批判を展開した。 田中氏は会派「民主党・無所属クラブ」の代表として質問。福田内閣について「閣僚のほとんどが前内閣の積み残し。これでは『安倍康夫内閣』だ」と攻撃。福田氏は「私への励ましと受け止めた」と受け流し、田中氏も、「角福戦争」を繰り広げた両氏の父の時代からの付き合いであることを念頭に「友情も感じている。親子三代のご交誼(こうぎ)だ」と応じてみせた。 田中氏はさらに、小泉元首相の北朝鮮初訪... ...続きを見る
時事ねたブログのまとめサイト!
2007/10/12 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
角福戦争再び! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる