税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治家にはうんざりする。

<<   作成日時 : 2007/09/27 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 渡海紀三朗文部科学相(衆院兵庫10区)が代表を務める「自民党兵庫県第10選挙区支部」が、渡海氏が立候補した03年と05年の衆院選公示日の当・前日に、国の公共工事を施工中の兵庫県高砂市の建設会社から、それぞれ100万円の寄付を受けていたことが26日、分かった。公職選挙法は、国と契約関係にある企業などが国政選挙に関連した寄付をしたり、候補者が寄付を受けたりすることを禁じている。

 渡海氏の事務所は「毎年、寄付をいただいている会社で、特定の選挙資金ではなく、政党活動への支援と理解している。公選法違反との認識もないが、疑義を持たれるのは不本意なので返金したい」と説明している。

 政党支部の政治資金収支報告書によると、高砂市の建設会社は03年10月28日と05年8月29日にそれぞれ100万円を献金していた。03年は衆院選公示日の当日、05年は前日にあたる。

 同社は03年10月10日から翌年3月末に施工された国土交通省発注の国道2号バイパス改良工事を約2億7000万円で請け負っていた。また05年6月には同省から神戸市内の海岸補修工事を650万円で受注し、同年8月30日までの契約で施工していた。

 この会社は衆院選時の100万円とは別に、02、04、05、06年にそれぞれ60万円、03年に30万円を寄付していた。

 同社の総務担当者は「渡海氏とは地域の中での長い付き合いがあるが、仕事面で便宜を図ってもらったことはないと思う。(100万円は)選挙応援のためだと思うが、私は法律をよく知らなかった」と話している。
(朝日新聞より)


 
 出る大臣出る大臣、どいつもこいつもいい加減にしろと言ってやりたい。と言うよりほとんどの地方の建設会社は公共事業と係わりがあるのであろうから、そこから献金を受ければ今回のような問題になるのは分かっているのではないかと思う。


 特に与党は予算の配分について意見(意向)を言える立場にいる以上、より身を引き締めておかなければならない事は言うまでもない。


 それでも、貰いたいなら政府の職に就くのを止めるべきだ。


 感覚が完全にずれているとしか言いようが無い。


 昔の良き時代(自分たちの考える)を懐かしんでいるのなら、今すぐそう考えている政治家は辞職すべきだ。


 給料はしっかり貰うべきだし、それについては文句は無い。公私の区別の出来る人が政治kになるべきであろう。


 今の政治家にそれを求めるのはそんなに酷な事であろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
早期退職について
早期退職をした人を二人知っています。一人は、55歳のときに早期退職をして、陶芸家になっていました。最初は早期退職をするつもりはなかったそうですが、10年ほど趣味で習っていた陶芸で賞をもらうことができたらしく、早期退職の時期にたまたま該当していたことから... ...続きを見る
団塊世代の早期退職
2007/10/01 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大体、昔からゼネコンより代議士サイドにキックバックされる金額は受注金額の3%〜5%とされているのが相場とされている、今回も恐らく何億円かの発注工事だと思うが何も今に始まったことではないと思います、利権をむさぼっている構図は政府自民党が、営々と、まるで「ありずか」の如く築き上げてきたものです、国民の目には届いていない「ОDA」「政府開発援助」などは」何百億円にも上っている、つまり東南アジア諸国の道路や橋の建設であるがこれらの資金はわれわれ国民の税金である、これらに群がっているのが大手ゼネコンであるが、これの既得権益をにぎっているのが外務省である、何故どの代議士も大臣になりたがるのか
taloo
2007/09/29 17:50
どの省庁にもそれなりの既得権があるが、それらを握っているのがそのトップである大臣である、田中角栄以来この「土建国家」は長く続けてきたのだが、うまみのあるガソリン税の一般財源化を図ろうとしたときでも猛烈な反対をしたのがやはり政府自民党の道路族議員だった、もう、うんざりである、早くこの腐った政府自民党政権を変えて、まともな政権になることを切に望むものである。
taloo
2007/09/29 18:10
 talooさん、コメントありがとうございます。
 そうですね、補助金財政にどっぷりつかっている現在の制度を続ける事はもはや限界であると同時に、罪悪でもあると言えるでしょう。
 民主党が優れているとは思いませんが、政権交代による最大限のメリットはこうした不正を恒常化させないということでしょう。前回の時は1年位で瓦解した為に、その唯一のメリットすら国民は享受する事が出来ませんでした。
 是非、次の政権の時はその失敗を繰り返さない事を祈ります。
すかんく
2007/10/01 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治家にはうんざりする。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる