税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 福田内閣の門出!

<<   作成日時 : 2007/09/26 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 福田政権にとって、国会運営の最初の試金石が、インド洋での自衛隊活動を継続するための新法案の扱いだ。この臨時国会で成立をはかるには大幅な会期延長が不可欠だが、民主党との対立が深まり、解散含みの展開になる。逆に来年の通常国会に先送りすれば「国際公約」(安倍前首相)の給油活動は長期の中断が避けられない。世論の動向も探りながらの判断になる。

 自民党の大島理森国対委員長は25日のテレビ番組で、新法案の扱いについて「話し合いで合意できなければ、ルールに従い決していくしかない」と語った。だが、首相は同日夜の会見で「野党との協議や国会論戦を通じて理解を得ることも必要だ。継続できるように努力する」と述べるにとどめた。強硬に進めるか、協調の余地があるのか、なお見定めようということのようだ。

 11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に代わる新法案は、10月中旬にも衆院で審議入り、11月初旬にも通過の見通しだ。だが、民主党が反対を貫けば参院での成立はあり得ない。大島氏の発言は、衆院で3分の2以上の賛成で再可決させる、との決意表明だ。与党内では、11月10日までの会期を大幅延長する案が浮上している。

 だが、民主党が反対のまま再議決に踏み切った場合、与野党対立が激化し、解散含みの展開となる。そこを乗り切っても年明けの通常国会では予算審議が滞り、年度内成立は難しくなる。そうなれば予算関連法案などを否決し、政権揺さぶりを狙う民主党の術中にはまる恐れが出てくる。

 そこで浮上するのが、新法案の先送り論だ。臨時国会では、衆院での採決自体を見送ったり、再議決を回避したりし、通常国会で仕切り直そうという発想だ。

 その間、給油活動の必要性を訴える時間を確保し、世論の風向きが変われば、民主党を「話し合い」に引き込む余地ができる、との期待がある。その場合は、新法案の審議入りは予算成立後の4月以降となる。

 国際公約を盾に「中央突破」を図るか、給油活動中断が長引くことになっても国内世論の変化を待つか。発足したばかりの福田政権は、難しいかじ取りを迫られている。
(朝日新聞より)



 前政権の尻拭いの感が強い。


 言ってもしかたが無いが、全てが後手後手になっているのは自民党のそこの浅さゆえであろう。


 どうしても通したいのであれば、いつもの様に強行採決をすること、60日ルールを適用するなど、色々方策はあったはずだが、会期を9月にして挙句の果てに開会3日目に内閣総理大臣が辞任、首相を選ぶ為に1ヵ月も棒に振った挙句に、国際公約がどうのと言い出したらどうなるか分かりそうな物だ。


 内外共に問題山積のなか、厳しすぎるほどの船出ではあるが、自分で立候補し首相になると宣言した以上、是非とも成果を期待したい物だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アタシ、もうアベしちゃおうかな?」が流行ってるという嘘を書く朝日新聞について。
朝日新聞がまたやらかした。全国のアベさんを侮辱する、流行っても無い言葉をあたかも流行っているという呈で書いてあった衝撃の言葉。「アタシ、もうアベしちゃおうかな?」聞いたこと無いよ。本当に。「名詞+する」って、、使いズらいやろ??本当に朝日新聞には失望しっぱなしだ。。こんな新聞が世にはびこっていていいのか?三流新聞に成り下がるべきだ。みんな安倍さんを侮辱しすぎじゃないか??(ようつべ) ...続きを見る
痛いニュース情報☆ 痛いニュースとアフ...
2007/09/26 21:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福田内閣の門出! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる