税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相辞任会見

<<   作成日時 : 2007/09/12 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 安倍首相は12日午後2時、首相官邸で緊急記者会見を開き、正式に辞意を表明した。

首相の主な発言は、以下の通り。

    ◇

 本日、総理の職を辞するべきと決意いたしました。参議院の選挙の結果が厳しいものとなったが、改革を止めてはいけないと続投を決意し、全力で取り組んできました。テロとの戦いの活動についても国際的に高い評価を得ており、継続していかなければならないと思ってきました。なんとしてもやり遂げていく責任がある、との思いで全力を尽くし、職を賭していく、と発言しました。

 あらゆる努力をし、一身をなげうつ覚悟で全力を傾けて参りました。

 小沢党首に会談を申し入れ、率直な思いと考えを伝えようとしましたが、残念ながら実質的に断られました。

 今後、テロとの戦いを継続させるうえで、私はどうすればいいか。むしろ、局面を転換しなければならない、新たな総理のもとでテロとの戦いの継続を目指すべきではないか。来る国連総会にも新しい総理が行くべきではないか。

 改革を進めていく決意で続投し、内閣改造も行いましたが、今の状況ではなかなか国民の支持、信頼のうえに力強く政策を進めていくのは困難な状況である。自らけじめをつけることで局面を打開しなけれいけない、と判断するにいたったわけでございます。

 党の5役に考えを伝えました。政治の空白を生まないように、なるべく早く次の総裁を決めてもらいたいと指示しました。決断が先に延びることで、国会の混乱が大きくなるという判断から、私の決断を早く行わなければならないと判断しました。
(朝日新聞より)



 これで、納得する国民がいるなら、お笑い種だ


 辞めたことは良いとして、なぜこの時期なのか。


 本当にこれで局面が打開できると考えているのか?


 辞めるのであれば、なぜ、参院選の敗北の後ではなく、所信表明までしたこの時期なのか?

 どうしてもっと早く決断が出来なかったのか?


 海外に外遊し、出来もしない約束をした挙句にヤーメタでは、余程恥さらしなだけではなかったのか。


 何を考えているのか。何処まで国民をバカにすればいいのか・・・・・。


 困難な道だと言うのは十分に分かっていたはずだ。


 それでも、内閣を改造してやり直すのではなかったのか?


 確かに、私は彼を評価していなかった。


 辞めてもらった方が良かったのだが、あまりにも最悪な幕引きだった。


 彼は総理にはなるべきではなかった人材だったのであろう。


 それにしても、会見での辞任理由には呆れたし、切なくなった。

 他にも理由はあるのかもしれないが、「一郎ちゃんにいじめられたから、ヤメマチュー」と聞こえたのは私だけだろうか・・・・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍首相が辞任表明
会期前に発言した「職を賭す」の意味は、辞任することだったのでしょうか? ...続きを見る
多数に埋もれる日記
2007/09/12 18:44
首相辞任
こんにちは。ばばなです。初めての人は、初めまして、ばばなです。今後もよろしくお願いいたします。「局面を打開したい」阿部首相ご苦労様でした。政治のことはいまいち分からないですね。あるテレビ番組で政治家の仕事とは?の質問に「選挙です。」と、答えて他の政治家達も大きく頷いていたことに僕は首を傾げた覚えがあります。色々な仕事もあると思いますが、政治家の仕事って日本の状態を良くするために「立法」に対して強い発言力がある組織なような印象があるのですが違うのですかね。首相が替わると言うこと... ...続きを見る
ばばなの日記
2007/09/13 01:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相辞任会見 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる