税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相辞任の続報

<<   作成日時 : 2007/09/12 13:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 安倍首相は12日、麻生太郎幹事長ら複数の自民党幹部に対し、退陣する意向を伝えた。12日は午後1時から衆院本会議で代表質問が予定されていたが、「私は辞任するので、代表質問に答えるわけにはいかない」などと伝えた。臨時国会の実質的な論戦が始まる前に、辞任するべきだと判断したと見られる。午後2時から記者会見し、正式に表明する。

画像


 首相は7月の参院選で自民党が惨敗した後も続投した。9日には訪問先のシドニーでの記者会見で、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊のインド洋での給油活動の継続について「国際的な公約となった以上、私には大きな責任がある。職を賭して取り組む」との強い決意を表明。活動が継続できなければ退陣する意向を示していた。
(朝日新聞より)


 なぜ、この時期だったのであろうか、もっと早く辞めるべきだったのだが、どうしてもその踏ん切りがつかなかっただけなのか、辞任する時期が違うのではないかと思う。


 辞めるべき時は、とうの昔に過ぎていた。

 
 確かに、テロ特措法が国会を通らない事はほぼ確実であろう。


 そんな事は、参院選の後、与野党逆転の段階で十分に分かっていたはずだ。


 であるなら、もっと早く国会を開会する等、手立てがいくらでもあったはずだし、辞めるのであれば、8月上旬でも良かったはずだ。


 決断するのに時間が必要だったのか、卒業旅行に行きたかったのかは知らないが、この人は最後まで不可解な行動が目立つ人だった。


 本人の責任は重いが、それと同時に周囲の努力不足もここで指摘しておきたい。


 結局、最後まで安倍晋三と心中しようとする部下がいない、そんな状態だったのであろう。


 お友達内閣と揶揄されてきたが、本当の意味でのお友達はこの人にはいなかったのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍首相電撃辞任!最後の最後までKY(=空気読めない)のままかよ・・・
本日12日午後2時から安倍総理が首相官邸で緊急に記者会見し、辞意を表明したというニュース速報が駆け巡りました。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2007/09/12 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相辞任の続報 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる