税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ミネソタ州で高速道路の橋が崩落(死傷者多数)

<<   作成日時 : 2007/08/02 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 【ロサンゼルス=飯田達人】米ミネソタ州ミネアポリスで1日午後6時5分(日本時間2日午前8時5分)ごろ、ミシシッピ川にかかる高速道路の橋脚が崩落し、橋の上を走っていた50台以上の車が川に落ち、CNNテレビによると、6人が死亡、37人が負傷した。

画像


 地元当局が救助活動を行っているが、死傷者はさらに増える可能性もある。米国土安全保障省は、テロとの関連はないとの見方を示している

 ロイター通信などによると、崩落時は夕方のラッシュアワーで、近くの球場で1時間後に大リーグ「ミネソタ・ツインズ」の試合が予定されていたこともあり、橋の上は普段以上に乗用車やトラックなどで渋滞していた。

 橋は片側4車線計8車線(約30メートル)で、長さ約150メートルにわたって、約20メートル下の川面に崩れ落ちた。崩落した橋脚上を走っていたトラックなどが炎上。被害車両の中には、遠足から帰る小学生たちを乗せたスクールバス1台も含まれているという。

 ロイター通信によると、事故当時、貨物列車が橋の下を走っていて、真っ二つに割れたとの情報もある

 目撃者は「激しいごう音が鳴り響いて、橋が崩れた」などと証言。川を泳いで助けを求める人たちもいたという。

 橋は1967年の建設、1日約20万台の通行量があった。高速道路は9か月前から路面を改修中で、事故当時に削岩機を使っていたと警察に話した目撃者もいた。

 地元交通当局によると、2006年5月の検査報告で橋桁に金属疲労による亀裂や湾曲部分が見つかっていたという。技術専門家は地元テレビ局の取材に対し、「(路面を支える)鋼鉄の問題だと思われる」と話している。

 外務省海外邦人安全課によると、日本時間2日午前10時半現在、日本人が事故に巻き込まれたとの情報はない。ミネアポリスの在留邦人は1322人(昨年10月現在)。

(2007年8月2日11時32分 読売新聞)


 かなりの数の死傷者が出た模様だ。


 詳しい事はおいおい分かって来るのであろうが、テロによる事故ではないとの発表がアメリカ政府からなされている。


 工事中との話もあるが、専門家は2006年の検査で橋桁に金属疲労による亀裂や湾曲部分が見つかっていたという。


 人災の様相を呈してきそうだ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミネソタ州で高速道路の橋が崩落(死傷者多数) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる