税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党、テロ特措法に対案を示すもよう。

<<   作成日時 : 2007/08/30 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 9月の臨時国会で最大の焦点となるテロ対策特別措置法の延長をめぐり、民主党は29日、独自の対案をまとめる方針を固めた。アフガニスタンで医療や食糧支援などの新たな民生支援を進めることが柱で、法案として国会提出することも検討している。同党は、11月1日に期限が切れる特措法の延長に反対する方針で、インド洋で展開している海上自衛隊の給油活動も撤退に追い込む構えだ。対案には、これに代わる国際貢献の具体案を示す狙いがある。

 特措法延長には、同党の小沢代表が反対することを明言。これに対し高村防衛相らは28日、同党の賛成を得られるよう特措法の修正を検討することに言及した。だが、同党は修正に向けた政府・与党との事前協議には応じず、あくまで国会審議を通じて論戦を挑む考えだ。

 対案では、給油活動以外の独自支援策を提示する。すでにアフガニスタンの事情に詳しい専門家らから民生支援のあり方について意見を聴き、自衛隊派遣によらない貢献の仕組みを検討。鳩山由紀夫幹事長は29日、「燃料補給がアフガニスタンの平和に役立っているか。例えば貧困で支援できないか。そういう方向で対案を作りたい」との考えを示した。

 具体的には、米国などが進める旧タリバーン政権掃討作戦の支援ではなく、復興を目的とした医療協力や食糧支援、同国政府の警察組織改革などが想定されている。

 対案は、特措法延長の審議が衆院で始まるタイミングに合わせ、法案として参院に提出することを軸に検討している。ただ、政府・与党の対応によっては、提出を遅らせたり、見送ったりする可能性もある。
(朝日新聞より)


 この問題では党の意見が割れているように見える。


 どちらが良いのかは分からないが、国際社会の中のニッポンと言う視点に立てば、このまま延長した方が良いとも言える。


 と同時に国内的な視点に立てば、明らかに違法に近い形での特別立法を何度も延長する事が果たして将来に禍根を残す事にならないのかと言う問題があると思う。


 憲法を純粋に読めば自衛隊すら違憲といわざるを得ない中で、海外に派兵し続ける事が将来どんな禍根を残すのかが心配になる。


 頑なにテロ特措法の延長を拒み続ける小沢代表の気持ちは良く分かるのだが、もし、国連の決議のある地上での活動になれば、自衛隊員に死傷者が出ることになる事は火を見るより明らかであろう。


 この問題は非常に難しい決断になる事は間違いない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小沢民主党の国連決議部隊参加表明
 明確な国連決議があれば、自衛隊の海外派遣に躊躇しないという小沢民主党の見解、もちろん無条件に国連の出動命令に服従するわけではなく、日本の判断は加わるんだろうが、すくなくとも国連の支持がなければ出動しないというわけだ。民主党が政権をとれば、の前提条件もある。  つまり、小沢一郎個人の判断力は、自分でも信用できない。党も世論も信用できないが、国連なら信用する。国連なら、共産中国やプーチンのロシアもいて、かれらは拒否権をもっているから、信頼に足りるというのだろう。ところでいったい、自衛隊って... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2007/08/31 06:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この対案、まず無理だと思います。
医療、食糧援助、となれば陸上です。
韓国人拉致事件を見てもわかるように、どういう状況だろうと、異教徒、反タリバン勢力は狙われます。
そうなれば、誰かが守らなければならない。

今現在、アフガンに展開中の多国籍軍に、また守ってもらうのか?迷惑をかけるのが良いのか?それが嫌なら、自衛隊が行くしか無い。

それよりは海上給油のほうが、遥かにましです。
クルトンパパ
2007/08/31 06:35
 クルトンパパさん、コメントありがとうございます。
 ある種、クルトンパパさんの言われている方が正論なのだと思います。また、現実的という言い方のほうが良いのかも知れません。
 ただ、私としては小沢代表が言いたいことも分かる気がするのです。
 法は何の為にあるのか、と言う問題も考えるべきだとは思います。
 だからと言って、犠牲者が出るのを分かりながら地上支援に行けといのも酷なきもします。
 この問題に関して、絶対的な意見は持ちえません。法の論理で押し切れば、犠牲者がでるのは火を見るより明らかであり、このままの状態を是認すればいずれ将来に禍根を残すかも知れない。
 難しい問題です。
 
すかんく
2007/08/31 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党、テロ特措法に対案を示すもよう。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる