税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党、党三役決定!

<<   作成日時 : 2007/08/27 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍改造内閣が27日夜、発足する。これに先立ち、安倍首相(自民党総裁)は同日午前、自民党の幹事長に麻生派会長の麻生太郎外相(66)、総務会長に二階派会長の二階俊博国会対策委員長(68)、政調会長に無派閥の石原伸晃幹事長代理(50)を起用する党三役人事を決定した

 7月の参院選での自民党惨敗によって厳しい立場に追い込まれている首相は、党と内閣の主要ポストに派閥の領袖(りょうしゅう)級を起用する重厚な布陣を敷くことで政権の立て直しを図る考えだ。

 麻生氏から26日に幹事長就任の内諾を得た首相は27日午前、自民党本部入りし、新三役を呼んで、党執行部の主要人事を決定。午後に、臨時閣議を開き、閣僚全員の辞表を取りまとめて改造人事に本格的に着手した。その後、組閣本部を設置して新閣僚を任命し、皇居での認証式を経て27日夜に改造内閣が発足する。

 首相は27日午前の臨時党総務会で、「反省すべきは反省し、責任を果たす。改革は進め、前進するとの信念のもとに続投を決断し、(人心を)一新することにした」と述べた。

 内閣改造では、首相と公明党の太田代表が27日午前、電話で会談し、公明党枠として冬柴鉄三国土交通相の留任が決まった。地方問題を担当するポストに、増田寛也・前岩手県知事の起用も内定した。参院自民党からは、矢野哲朗・前国会対策委員長(伊吹派)の初入閣と、岩城光英参院議員(町村派)の政務の官房副長官就任が固まった。

 町村信孝・前外相(町村派会長)と党政調会長を務めてきた中川昭一・元農相(伊吹派)の重要ポストへの起用が有力となっている。

 自民党役員人事では、幹事長代理に町村派の細田博之・元官房長官(63)、国会対策委員長に高村派の大島理森・元農相(60)、選挙対策総局長に菅義偉総務相(58)(丹羽・古賀派)の起用が決まった。

 幹事長の麻生氏は昨年9月の総裁選で、安倍首相に敗れて2位になったが、外交政策などで首相と一致点が多く、参院選後はいち早く首相の続投を支持した。首相は衆院選をにらみ、演説などで国民に一定の人気がある麻生氏を「党の顔」として活用したい意向だ。

 内閣改造を受けて、首相は27日夜に首相官邸で記者会見し、人選の狙いや今後の政権運営の方針などを明らかにする。

(2007年8月27日読売新聞)



 マスコミなどで言われていたような人選だが、石原氏の政調会長はまたもやお友達人事と言われそうだ。


 だが、誰を起用してもそれ程代わり映えしないし、批判をかわす事は出来ないのであろうから、こんな所ではないかと思う。


 常識的にはこれだけの大敗をした内閣はもたないし、部下に全責任を負わせたとの批判は拭い様が無いであろう。


 それを分かって続投宣言をしたのであろうから、これからは何か問題が起こればそれで一発退場の状態が続く事になる。


 午後からは組閣が始まっている。


 何がこれから始まるのであろうか・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党、党三役決定! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる