税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「憲法審査会」の立ち上げが先送り

<<   作成日時 : 2007/08/08 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 国民投票法に基づいて7日に衆参両院に新設された「憲法審査会」の実質的な立ち上げが、次期国会以降に先送りされることになった。定数や議決要件を定める「審査会規程」の制定に、野党側が応じないため。自民党の参院選公約に「平成22(2010)年の国会において憲法改正案の発議をめざす」と記し、改憲に道筋をつけたい安倍首相にとって、スタートからつまずく形となった。

 国民投票法では、調査に限定されていた「憲法調査会」に代わり、今国会から改憲案を提出・審議できる審査会の設置を規定。与党はこれまで(1)定数50人(2)出席委員の過半数で議決(3)公聴会の開催義務化――などを盛り込んだ規程案を作成し、野党側に提示している。

 これに対し民主党は、国民投票法が成立した先の通常国会で与党が強引な国会運営をしたことなどを理由に、今国会では規程の制定に応じない方針を与党側に伝達。社民党の福島党首も1日の会見で「安倍首相がやりたがっていた憲法改悪など国民は望んでいない」と反対を表明している。

 自民党幹部は「波乱が予想される国会を控え、憲法でごり押しするのは得策ではない」としており、今国会での立ち上げは断念する方針だ。
(朝日新聞より)


 いずれ、近い将来に憲法の改正が行なわれる可能性はある。


 いつ、改正するのではなく、どう、改正するのかが最も重要なのではないかと思う。


 現首相は自分の任期中にと考えているようだが、基本的にそれはどだい無理な話であろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝日は沈む・あからさまな二枚舌
 郵政民営化、可か否かで争った選挙結果をほかの政策に援用する矛盾をついたのは、朝日の社論だった。今回の参院選では、改革路線の継続、戦後レジームからの脱却を争点にしたい安倍総理の意向はあえて報道せずに、もっぱら年金、食言、政治資金にまとをしぼった報道をしてきた。あれは、報道の範囲を超えた選挙運動だったと思う。  今朝の紙面では、その選挙結果の改憲派の激減を誇らしげに報道している。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2007/08/09 05:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「憲法審査会」の立ち上げが先送り 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる