税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 久間防衛相が辞任(しょうがない発言の責任をとる形)

<<   作成日時 : 2007/07/03 13:39   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

 久間防衛相=衆院長崎2区選出=は3日午後、首相官邸で安倍首相に会い、講演で米国による広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言した責任をとり、辞任する考えを伝え、首相も了承した。久間氏は発言を撤回して陳謝したが、与党内からも批判の声が広がり、参院選公示を12日に控え、これ以上問題を長期化させるべきではないと判断した。ただ、年金記録問題で逆風を受ける安倍政権や与党にとって参院選への深刻な打撃は避けられない情勢だ。
(朝日新聞より)


 地元からも相当の突き上げがあったのであろう。

 今までの発言からは辞任しないと強く言ってきたが、参院選を前に事実上の更迭ということになる。

 発言の内容が内容なだけに、本来なら更迭すべき事柄であろうが、参院選を意識した今の状態では、更迭はできないであろう。

 であるなら、辞任と言う形でもしかたが無いところだろう。

 どの様な場合でも、核使用を肯定するような発言は許されない。

 国会議員である以上、どの様な真意があったとしても許される発言ではない。

 不見識が問われる発言だっただけに、この結果は当然と言えよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
参院選報道とネット世論
 参院選の第一ラウンドは社保庁問題だった。マスコミは徹底的に政府与党をたたいて内閣支持率は下がったのだが、民主党の支持率がそれに反比例して上昇する気配はなかった。もうひとつ、わたしが意外に感じたのは、マスコミの論調にもかかわらず、ネットでは冷静に現実を直視する意見が多かった。感情におどったのは少数意見だった。  昨日、第二ラウンドがはじまって、話題は久間失言にうつった。ここでも、ネット上では、浮ついた議論は意外にすくない。  ネットが形成する世論が、定着してきたのだろうか? ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2007/07/04 06:29
久間防衛相「原爆投下はしょうがない」発言の真実
マスコミで叩かれたこのニュース真実を読むには発言全体をみてみないと新聞記者のブログから真相を見つけました。《久間氏 ソ連、中国、北朝鮮と社会主義陣営、こっちは西側陣営に与したわけだが、欧州はソ連軍のワルシャワ条約機構とNATO軍が対立していた。そのときに... ...続きを見る
芸能情報と身近なニュース
2007/07/05 10:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 でもねぇ、どういう状況がそれに該当するのか、想像はつかないのですが、もしも核兵器使用以外に敵からの侵略を防ぐ手だてがないような状況があったと仮定したら、そのときは核のボタンに手をおいたままで、敗北を受け入れるのですか?
罵愚
2007/07/04 12:00
 罵愚さん、コメントありがとうございました。
 コメントバックが長くなり、収まりきらなくなったので、別立てにしてしまいました。
http://matsubakaikei.at.webry.info/200707/article_9.html
 
すかんく
2007/07/04 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
久間防衛相が辞任(しょうがない発言の責任をとる形) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる