税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS こうなると思った。(アメリカ特使・原爆投下の正当性を語る)

<<   作成日時 : 2007/07/04 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題特使(前国務次官)は3日の記者会見で、広島・長崎への原爆投下について「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」と語った。

 米国とロシアの核軍縮枠組みづくりに関する会見での発言で、久間前防衛相の発言問題と直接絡んだものではない。ジョセフ氏は、「原爆を使用した米国が核不拡散について訴える道義的な根拠があるのか」との質問に対し、「米国は核不拡散で指導的立場に立ってきた」などとかわした。

 米国の歴史学者の間では、原爆使用と終戦の因果関係は必ずしも明確ではない、という学説が有力だ。だが、特使発言のような見方は、保守派を中心に米国内でなお根強い。米政府はこれまで原爆使用について謝罪したことはなく、ジョセフ氏もこれまでの流れに沿って原爆投下の正当化論を繰り返したものとみられる。
(朝日新聞より)


 謝罪を求めた所で、どの時代のどの軍隊においても、勝者の側の軍人や政府が非人道的行為に対して謝罪などした例はほとんどない。

 原爆が戦争を早期に解決したと言うのは幻想に過ぎない。

 なぜなら、その前に事実上、日本には戦闘能力はほとんど皆無だと言ってよい。

 そんな事をいっても始まらない。

 「極論だと分かった上で、この特使にいってやりたい。」

 「戦争に正義があると本気で信じているのはアメリカにあるDCの住人とイスラム原理主義者ぐらいだと。」

 「原爆の使用を正当化できる人種もこの2者ぐらいであろう」

 だからこそ、小沢さんにも言いたい。

 こいつらに謝れと言った所で、自分たちの頭上に核でも落ちない限り、この人種は変わらない。

 「911の様に」(911テロを正当化する気は毛頭ありません)

折角だから、この発言に対して国会で非難決議をしてみたらどうか?(アメリカの議会の様に)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原爆「しょうがない」に上塗り米国の論理
これはもっと世界から叩かれるべき。 慰安婦問題に続いて公然と侮辱されケンカを売られた 日本は真正面から抗議・非難しないと…安倍ちゃんいよいよ後がないよ。 ...続きを見る
D.D.のたわごと
2007/07/05 06:45
ふざけろ、クソボケ!
え〜と、原爆のハナシだけど…… あ?Qちゃんはもうえぇ。出番は終わった。とっととイナカ帰って、畑耕してろ。 問題はコイツだ。 ...続きを見る
逍遥録 −衒学城奇譚−
2007/07/06 00:19
原爆投下という人類最大の愚行を正当化するアメリカの情報操作がココにも…?
私は広島出身というわけではないが、誕生日が8月6日ということもあり(誕生日の朝に毎年甲子園でサイレンが鳴って黙祷がささげられる)、子どもの頃から人より原爆や戦争について考えることが多かったように思う。 ...続きを見る
にほん民族解放戦線^o^
2007/07/10 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こうなると思った。(アメリカ特使・原爆投下の正当性を語る) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる