税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 内閣運営に手詰まり感(支持率低下に歯止めかからず)

<<   作成日時 : 2007/06/04 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍首相の政権運営が危険水域に近づいた。参院選に向けた朝日新聞の第4回連続世論調査(2、3日。電話)では、内閣支持率は30%で前回(5月26、27日)の36%からさらに下落し、政権発足後最低を更新。不支持率は前回の42%から49%に上昇した。ずさんな年金記録問題への政権の対応や、自殺した松岡利勝前農林水産相をめぐる「政治とカネ」の問題への批判が集まった。政府・与党は年金問題に迅速な対策を取ることで政権を立て直す構えだが、参院選公示を約1カ月後に控え、首相の政権運営には手詰まり感も出始めている。

 男性の支持が27%(前回36%)と落ち込み、逆に不支持は56%(同47%)と増えた。これまで比較的支持が高かった女性でも支持32%で、不支持43%を大きく下回った。公明支持層の支持は29%(同35%)、不支持は30%(同45%)で、「その他・答えない」が41%だった。

 支持率低下の背景には「年金」や「政治とカネ」の問題への取り組みに対する厳しい見方がある。

 5千万件の年金記録がだれのものか分からないなど年金をめぐる問題について、衆院での審議が「十分ではなかった」は78%を占め、「十分だった」はわずか7%。

 1年以内に記録を点検するなどと言っている政府の対応は、「適切だ」が49%で「適切ではない」の38%を上回るものの、政府の対応では年金が正しく支給されない恐れがある、との野党の主張を「その通りだ」と思う人は62%にのぼる。自分の年金記録が「きちんと管理されている」と思う人が50%に対し、「不十分かもしれない」は43%あった。

 自殺した松岡前農水相の政治資金をめぐる疑惑について、安倍首相の対応が「適切ではなかった」は69%に達する。「適切だった」は14%で、松岡氏をかばい続けた首相に批判的な見方が強い。松岡氏の自殺で内閣の印象が「悪くなった」は61%で、「そんなことはない」の32%を大きく上回った。

 政党支持率は自民28%(前回29%)、民主17%(同18%)などで、無党派層は50%(同47%)だった。
(朝日新聞より)


 安倍政権にとっては、厳しい運営をしいられる。

 身から出た錆とはいえ、今回の年金問題は橋本内閣から現在の内閣まで、引き伸ばしに引き伸ばした付けを背負わされているのだから、安倍政権だけの汚点だとはいえない。

 選挙を意識するあまり、どつぼに嵌りそうな感さえある。

 だからと言って、もう一方の民主党に何らかの策があるかと言えばそうでもない。

 政権党と比べて、情報量が格段と違う中でどの程度の案がだせるかが、選挙の結果に大きな差が生まれるのであろう。

 国民としては、どうけじめをつけるのかを注視しなければならない。

 年金の支給年数を再度引き上げる可能性も囁かれている。

 一説によると、67歳説や70歳説すら囁かれ始めている。

 まさに、地獄絵巻とすら思える話が巷では囁かれ始めた。

 このまま、今以上の年金不安が募っていけば、年金制度事態が崩壊する危機さえ現実を帯びてくる。

 そうなる前に、与野党よく協議した上で制度設計をし直す必要があるのではないか・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
内閣運営に手詰まり感(支持率低下に歯止めかからず) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる