税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮総連本部ビル売却騒動、最高幹部が関与!

<<   作成日時 : 2007/06/19 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部が入った東京都内の土地とビルが登記上売却された問題で、朝鮮総連ナンバー2の最高幹部・許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長(72)が一連の売却交渉に関与していたことがわかった。交渉に加わった元公安調査庁長官の緒方重威(しげたけ)弁護士(73)が18日明らかにした。また、交渉中に許氏側から仲介役の不動産会社元社長(73)に4億円余が渡ったことも判明。東京地検特捜部は、4億円余のうち仲介手数料約1億円が売買成立の前に支払われた経緯などの実態解明を進めている。

 許氏は、朝鮮総連の実質的な最高実力者。かつては各地の在日朝鮮人系金融機関の理事長人事などにも影響力をふるったといわれる。

 18日に記者会見した緒方氏によると、緒方氏は、総連の不動産売却の仲介役だった不動産会社元社長に誘われ、総連代理人で元日本弁護士連合会会長の土屋公献弁護士(84)の都内の事務所で許氏に会ったという。

 この際、許氏は、整理回収機構の強制執行を受ける可能性がある総連中央本部の不動産について、緒方氏に「総連は苦しい立場に立たされている」と説明。「何とか先生の力で買い取ってもらい、買い戻しが出来るまでの間使わせてほしい」と要請したという。

 これに対し、緒方氏が「総連には商工会もあるし、パチンコや貿易でお金のある人もいるでしょう」と答えたが、許氏は「総連が手の内でうまくやったとしかとられないし、整理回収機構との返済問題も片づかない。緒方先生のように元長官がやったことになれば、機構も疑いを持たないでしょう」と話したという。このため、緒方氏は売却への協力を約束したとしている。緒方氏は会見で「許氏を信頼できると評価した」と説明した。

 一方、緒方氏は今月、許氏と会い、総連が仲介役の元社長に4億円余を支払ったと聞いたことを明らかにした。このうち、約1億円が仲介手数料として元社長に支払われたことが判明しているが、関係者によると、残る3億円余は、売却後の総連の家賃相当額を元社長に一時預けた形になっており、元社長は「支払い期日まで最も好条件の運用をする」と約束したという。

 特捜部は、元社長を事情聴取し、関係先を捜索。売却が実現する前に仲介手数料が支払われたいきさつを詳しく調べるものとみられる。

 許氏は朝鮮総連中央本部で、財政担当副議長を経て、93年に責任副議長となった。議長、第1副議長に続く序列3位だったが、その後、当時の議長が死去したため、2位となった。
(朝日新聞より)



 全容が少しずつ判明してきている。

 整理回収機構との訴訟に絡んだ事案であり、差し押さえが濃厚となり窮した幹部が不動産会社の元社長に仲介を頼んだと言う事らしい。

 確かに朝鮮総連自体は領事館の機能がないとは言えないのかもしれないが、元をただせば自分たちの同胞のお金を食い物にして、挙句に破綻しその付けを預金保険機構に押し付けた構図には間違いなく、同情の余地もない。

 これからは、関与したとされる元社長の証言により、全体のより一層の解明が待たれる。


 朝鮮中央会館の不動産が登記上、元公安調査庁長官を代表とする投資顧問会社に売却された問題で、東京都は18日、不動産取得税の課税通知を会社側に送付した。課税額は約8000万円。登記は抹消手続きが取られ、「売却」は白紙に戻ったが、都は「いったん取得行為があった」と見なした。

 都は12日に登記上の所有権移転を確認し、課税の概要を伝える「事前通知書」を売却先とされた「ハーベスト投資顧問」社に送付した。18日、同社側は契約取り消しを明らかにしたが、都は「売買の取引が互いの意思としてあったと認められ、課税できる。支払いの実態と、所有権の移転は別のもの」と判断した。

 今後、登記上で土地・建物の所有が朝鮮総連側に戻されたと確認すれば、さらに不動産の取得があったとして、朝鮮総連側の所有会社にも不動産取得税を課税する。一方で、全くの架空取引と認定されれば、課税を取り消すとしている。

 不動産取得税の課税は通常、不動産の取得があった場合に都が申告書の提出を求めてから事前通知するが、今回は異例の早さ。課税が遅れると債権確保ができなくなると判断したとみられる。
(朝日新聞より)


 記事上にも記されているが、異例の早さと言えるであろう。

 この取引が架空の取引であれば、別の問題も出てくる。

 事態が複雑な要素を呈して来ている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
被害者参加訴訟のあり方(2)
 そういえば、昨日整理回収機構(RCC)が朝鮮総連に対して627億の返済を求めて起こしていた訴訟の判決が言い渡されました。元日弁連会長や元公安調査庁長官までが不透明な取引に関与した疑惑が持ち上がった事〓.. ...続きを見る
天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野...
2007/06/19 20:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝鮮総連本部ビル売却騒動、最高幹部が関与! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる