税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金記録、企業と社保庁で相違が5%!

<<   作成日時 : 2007/06/15 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 社会保険庁が年金記録をずさんに管理していた問題で、企業が厚生年金基金の運用分を国に返上する「代行返上」が行われた際、社保庁が保有していた年金記録と企業側のデータで、多くの食い違いが発生していたことが分かった。大手企業2社ではデータ全体の5%で食い違いがあり、別の企業では、影響する支給額が年間で十数万円にのぼる社員もいた。食い違いの多くは、社会保険事務所と社保庁で企業の記録を入力する際に生じたとみられる。

 国民年金の台帳から3090件を抽出した社保庁のサンプル調査では、記録ミスは1%に満たない20件余りしかなく、厚生年金を含めるとミスがさらに拡大する可能性が出てきた。

 朝日新聞が代行返上をした主な大手企業に取材した。大手飲料メーカーでは、約3万件のデータのうち、年金の支給額に影響が出るような食い違いが3%を超えた。影響額は、年間1人あたり数千円から十数万円にのぼるという。金額が多い事例では、加入期間が大幅にずれていた。

 一方、支給への影響が少額だった場合は、原因を検証するよりも、会社がその差額を補う方が速く作業が進むため、社保庁のデータを尊重したという。名前の読み方など、支給額に影響しないミスを含めると5%近くになった。担当者は「当時の社保庁は、ミスがあっても『ウチの責任ではない』という感じだった」と話す。

 こうした食い違いが生じた理由について社保庁関係者は、データ処理が85年以降にオンライン化される前は、地方の社会保険事務所が集めた企業の記録が、手作業で一覧表にまとめられ、それが本庁に送られてコンピューターに手入力されていたことを指摘する。2度間違える可能性があったという。

 10万人を超える従業員を抱える大手企業は、名前や生年月日など年金額に影響しないデータを含めて全体の5%のデータを修正した。転勤で管轄する社会保険事務所が変わった時に、次の転勤までの記録がすっぽり抜けるような食い違いもあったという。

 大手建設会社は、食い違いの割合は明らかにしていないが、データの照合作業をしたところ、段ボール箱1個分ぐらいの食い違いが見つかった。同じ会社に勤めていながら、記録上は別の会社に移り、戻っているような例もあったという。男女の間違いも珍しくなかった。担当者は「85年より前の間違いが多かった。99%は社保庁のミスだった」。社保庁側に指摘をすると回答があるまでに3〜4カ月かかったという。

 東京の大手電機メーカーは、約6万件のうち、支給額に影響しないデータを含め約300件で食い違いが見つかった。基金の元担当者は「加入者の財産を扱うのだからミスは許されないが、我々よりさらに膨大な件数を扱う社保庁も大変だと思う」と同情する。最終的に、会社と社保庁のどちらに原因があるのか判明しなかったものも数件見つかったが、「官庁ともめることはできない」として、加入者の不利益にならないよう社保庁側のデータに合わせ、会社側が訂正したという。

     ◇

 〈キーワード:代行返上〉 厚生年金基金制度は、企業と社員が支払う厚生年金の保険料の一部を、国に納めずに企業が基金で運用し、老後に年金を給付する仕組み(代行)。実際の運用が国の予定する利回りを上回れば基金は上乗せ支給などに利用できたが、株安や低金利で逆に穴埋めが必要になった。そこで、国は02年度から代行部分の返上を認めてきた。今年3月末までに783基金が返上した。
(朝日新聞より)



 いくらお役所仕事とは言え、ここまで来ると今まで社会保険庁の職員は何をしていたのであろうか。

 記事によれば、ミスは誰かのせいと言わんばかりに聞こえるが、記録の管理・整理が自分たちの仕事ではないのであれば、彼らの仕事は何であったのか、職員に聞いて見たいきがする。

 あまりにも杜撰すぎて、怒る気力すら萎えて来そうだ。

 彼らは毎日登庁して、何を仕事としてきたのであろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年金記録の回復、申し込み1万件も…2カ月でやっと100件
年金記録の回復、申し込み1万件も…2カ月でやっと100件 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000107-mai-bus_all 領収書など保険料納付の証拠がない場合の年金給付を判断する総務省の「年金記録確認中央第三者委員会」は10日、新たに9件の記録を訂... ...続きを見る
厚生年金 国民年金 中高年の年金対策講座
2007/09/10 23:05
年金記録「氏名なし」が524万件も…名寄せ作業に影響も
年金記録「氏名なし」が524万件も…名寄せ作業に影響もhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000015-yom-pol 社会保険庁は10日、約5000万件の該当者不明の年金記録のうち、1割強に相当する約524万件について、氏名が登録されていなかったと公... ...続きを見る
厚生年金国民年金年金対策口座
2007/09/11 14:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに今、社保庁を解体、民営化したら責任の所在が、と言うのも判らないでは有りませんが、こう言う連中を、我々の税金で養うのは真っ平ゴメンです。

即刻民営化し、こいつらは再雇用しない方向で、やってほしいと思ってしまいます。
クルトンパパ
2007/06/15 16:50
 クルトンパパさん、コメントありがとうございました。
 本当にそう思います。再雇用しないで済むならして欲しくはない。
 ここが悩ましい所で、社保庁を解体して民営化したところで、彼等を再雇用してしまえば、結局同じことの繰り返しになるのではないかと言う事です。税金で養うのを止めたとしても、次に彼らは年金保険料を給料にしようと考えるのではないかと思うのですがどうでしょうか?
すかんく
2007/06/19 13:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年金記録、企業と社保庁で相違が5%! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる