税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 森林開発公団(現緑資源)の元理事が自殺!

<<   作成日時 : 2007/05/29 13:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 29日午前5時15分ごろ、横浜市青葉区青葉台1丁目のマンション駐車場で、男性が頭から血を流し、うつぶせで倒れているのを近くの人が見つけ、管理人が119番通報した。神奈川県警の調べでは、男性はこのマンションに住む、緑資源機構の前身にあたる旧森林開発公団元業務担当理事の山崎進一さん(76)で、飛び降り自殺とみられる。

 調べでは、元理事はパジャマ姿で、マンション6階の通路には元理事の靴がそろえて置いてあった。県警は、6階通路から高さ約1.1メートルの手すりを乗り越えて、飛び降りたとみている。

 県警によると、元理事は午前4時半ごろに起床し、妻と一緒に新聞を読み、妻が「今日は松岡前農水相の自殺のニュースばかりだね」と声をかけると、元理事はうなずいていたという。その後、同じマンションの5階にある自宅を出たとみられる。遺書は見つかっていない。妻は県警に対し、「緑機構に関する報道を気にしていたようだ」などと話したという。

 元理事は旧森林開発公団の生え抜き職員で、88年に理事となり、90年まで務めたという。

 元理事は、緑機構の談合事件にからみ、26日、東京地検特捜部に自宅を捜索されたほか、26日から28日まで連日、参考人として事情聴取を受けていた。29日も午後から聴取の予定だった。

 調べによると、元理事は旧公団の林道事業などで官製談合の枠組みを最初に作ったとされる。元理事は、林野族議員らに組織的に献金していた受注業者らの団体「特定森林地域協議会(特森協)」の幹部を務めた。
(朝日新聞より)


 緑資源機構の事件に絡み、また、死者が出た。

 この元理事は新聞等の報道によれば、緑資源機構の前身の森林開発公団のプロパーであり、官製談合の枠組み作りに大きく関与していたらしい。

 先週の土曜日には自宅を東京地検特捜部による家宅捜査を受けており、今日も事情聴取が予定されていたと言う。

 今回の官製談合はあまりにも大掛かりでありながら、あまりにもあからさまな事件であるだけに、これからも多くの関係者が事情を聞かれる事になるのではないかと思う。

 立て続けに、自殺者が出ているが事の真相をつぶさに解明する事が、検察には求められている。

 トカゲの尻尾切りのような事が行なわれるのであれば、検察の威信が問われかねないような事件だ。

 行政改革を旗印にしている安倍政権にとっても、この事件の解明と他にこの様な事がないかを総点検し、公務員の制度改革に繫がるような動きを期待する。

 もし、いつもの様なお茶を濁すような結果になれば、今度こそ政党の存続に係わる事件に発展するのではないかと思う。

 政権政党である以上、その襟を正すべき役割を自民党は負っているのだから・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
緑資源 機構 についてー 独立行政法人・緑資源機構…
独立行政法人・緑資源機構・・・ ...続きを見る
緑資源 機構 のお話
2008/03/25 14:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森林開発公団(現緑資源)の元理事が自殺! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる