税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日雇い派遣の「不透明」天引き?(労働者が返還請求へ)

<<   作成日時 : 2007/05/25 13:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 携帯電話やメールで短期の仕事を紹介する「日雇い派遣」業界で、派遣会社が保険料などの名目で派遣1回あたり200〜250円程度を給料から天引きする制度に対し、派遣労働者が天引き分の返還請求を始めた。業界大手2社は制度を廃止したが、労働者側は任意との十分な説明がなく使途も不透明だとして、過去に支払った分の返還を求める。徴収総額は大手で年間10億円規模に達し、返還請求の行方によっては業界の収益構造を揺るがす可能性がある。

 日雇い派遣業界では、派遣会社が「データ装備費」や「業務管理費」などの名称で給料から天引きをしてきた。月に20日間働けば年間5万〜6万円程度になる。1日に3万人近くを派遣する大手のグッドウィル(東京都港区)では、年間徴収額が約15億円に上るという。

 派遣会社は、労働者が派遣先で物を壊した場合などの損害をまかなう保険料や、労働者の個人情報管理、装備品代などにあてたとする。支払いは任意だと説明し、労働者も納得しているという。

 だが労働組合などによると、スタッフ登録の際に「保険料として引くことになっている」などと言うだけで任意との十分な説明はなく、使途の内訳や保険の内容を明記した文書も交付されない。

 グッドウィルの派遣労働者でつくるグッドウィルユニオンは、事実上、強制的に天引きされ、使い道も極めて不透明だとして団体交渉で返還を要求。28日にスタッフ向けの説明会を開き、6月にも一斉請求する。労働基準監督署にも調査を求める方針で、厚生労働省も調べる考えだ。

 グッドウィルは5月に制度を廃止。返還には応じない姿勢だが、任意との説明が不十分だった場合があれば「個別に検討する」と含みも持たせている。大手のフルキャスト(東京都渋谷区)は2月に廃止したが「現時点で返金は考えていない」という。
(朝日新聞より)


 問題は使途不明という部分だ。

 大概、こういう場合には、任意であり強制ではないといっても、半ば強制的に行なわれている場合が多い。

 どういった場合に損害が発生し、その補填の為には保険に入ることの方が有利なのかを労働者側に説明する責任は使用者側にあるのではないかと思う。

 もし、保険に加入せずに収益として認識していれば大変な問題になりかねない。

 最近、人材派遣会社は不明朗な事件が相次いでいる。

 労使間の絆の綻びが社会全体に影響を及ぼすまでそれほど時間を要さない切迫した状況が生み出されているのかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
仕事を紹介するんだけど、よくわかんない♪
BlogPetのまろ
URL
2007/05/25 14:43
人材派遣とは、需要と供給のバランスで成り立っているわけで、ただ上前をハネてるだけで、人集めもネット、連絡もネット、会社自体に人員を殆ど要していない。労働者の金で保険に加入させて、己の腹は痛めないなんて云う企業体質こそ正さねばならない。それこそ、こんな会社は労災も怪しいものですね。
義宗
2007/05/25 18:40
 義宗さん、コメントありがとうございました。
 雇用形態としてかなり曖昧な状態と言える為、中々実態がつかめないのかも知れません。最近になって、労働者側が声を上げて初めて認識される問題なのかも知れません。
 であるとしても、早急に実態を把握し、それに対する是正を講じなければならない問題ですね。
すかんく
2007/05/25 19:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日雇い派遣の「不透明」天引き?(労働者が返還請求へ) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる