税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼネコン、「談合決別の舞台裏」(朝日新聞より)

<<   作成日時 : 2007/03/05 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

 大手ゼネコン4社が一昨年暮れに「談合決別」を申し合わせるまでの詳細が、関係者の話で明らかになった。副社長らが05年12月に具体案を検討。「決別」の時期を06年度からとし、05年度中の談合は継続する――などを社長会に提案したが却下され、同年12月21日、「1月実施」「過去の談合は無効」が決まった。一方、名古屋市営地下鉄工事をめぐる談合事件では、12月14日までに落札予定業者が決められ、その後の社長会決定にもかかわらず、実行されたとみられる。

 名古屋地検特捜部と公正取引委員会は、「決別」に向けての各社の取り組みが不十分だったとして、法人としての刑事責任を追及する。あわせて、談合を知りながら防止策をとらなかった会社の代表者の責任を問うことができる独占禁止法の「三罰規定」が適用できないか、慎重に調べを進める模様だ。

 関係者によると、「談合決別」の方針が固まったのは05年11月下旬。東京都内で鹿島、大成建設、大林組、清水建設の社長らが顔を合わせた。

 席上、業界団体のトップを兼ねる首脳が、改正独禁法の罰則強化などを理由に「こんなことを繰り返していれば、会社の存続が危うくなる」と強い危機感を示した。各社がこれに同調して「決別」の方向が固まった。

 具体案は、土木分野に強い鹿島、大成建設、大林組の3副社長に委ねられた。数回の協議を経て、「決別」の時期について、年度が替わる「06年4月1日から」としたが、社長会側の意向で改正独禁法の施行に合わせて「06年1月4日」に変更された。

 最終決定は05年12月21日。この日午前、日本建設業団体連合会(日建連)で常任理事会があり、出席した4社の社長が理事会後も残り、副社長から報告を受けた。

 検討項目には、(1)05年中に談合で決めた工事(2)06年3月末までの年度内発注分(3)事実上、数年前から「本命」が決まっているダムなどの大型工事――が列挙され、この3項目について、副社長側から「粛々とやりたい」と談合を継続する意向が示された。

 しかし、社長会がこれをすべて却下し、改正独禁法施行と同時に「談合から決別する」ことを申し合わせた。さらに「独禁法の遵守(じゅんしゅ)」を求める文書をまとめ、翌22日、日建連と日本土木工業協会、建築業協会の業界3団体の会長連名で会員各社に送った。

 文書では「疑わしい行動は行わないなど、コンプライアンスの徹底を」などと記されていたが、「談合」の文字はなかった。「談合決別を公にすれば、これまでの談合を認めることになる」(出席者の一人)というのがその理由で、このため、「決別」の意図は業界内に十分、伝わらなかったとみられる。

 名古屋地検特捜部は、大手各社の東京本社を捜索した際などに、社長、副社長らからも任意で事情聴取し、談合決別を決めた経緯や、本社から支店などへの具体的な指示の内容、本社側の談合の把握状況などを捜査。公取委と連携し、資料の任意提出を受けるなどして調べている。
(朝日新聞より)


 今回の名古屋地下鉄の関係者で「談合はなくならない」と証言した人がいた。

 なくならない背景には、談合する事で利潤が上がるからという側面がある。

 であるなら、アメリカのようにその利益が吹っ飛ぶような制裁金をかける事も一つの手ではないか。

 利益を得る事が出来ないだけではなく、企業が傾く程の制裁金をかけられれば、そう言った談合に加わるリスクを減らす事ができるのではないかと思う。

 ここまで、何度も決別宣言を繰り返してきた。必要悪だと言われる事すらある。

 また、ダンピング合戦になり、結局、質の悪い建築物が多数出るとの指摘をする人すらいた。

 物を作り売る以上、利潤を追求することは当然の事であり、それをどうこう言う事はおかしな議論だが、それを横の繋がりで価格の操作をしての利益追求は違法であり、刑罰に処せられる行為であることを忘れてはならない。

 談合自体は必要悪なのではなく、悪なのだという認識をそれぞれが持たなければ、冒頭の人が言うように無くならないのかも知れない。

 公共事業の場合、不公正な競争の最大の被害者は国民それ自体なのである。

 そして、それを取り締まる法に抜け穴があるとするなら、議会と政府に責任が有るのだと言う事を政府の人間は理解しておかなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
官製談合事件について!!
間違いなく隠蔽でしょ。 ...続きを見る
今日の出来事
2007/03/18 21:20
日韓問題より施主である国が破綻するかも
建設業界において、日本のゼネコンに一流も三流もなく、政治と連動し公共投資に頼った建築屋に何の未来があるのか。施主である国が破綻する時が近いかもしれないのにと感じてならない。 ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・...
2011/10/02 18:22
フェラガモ 通販
ゼネコン、「談合決別の舞台裏」(朝日新聞より) 税務の片隅で。/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 10:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は匿名で(笑) 都市部は別として、地方は談合なくして、成り立たない。紛れもない事実です。ゼネコンが地方に拡散しているのも、要因であり、この連鎖を断ち切るには時間を要するはずです。
義●
2007/03/06 20:07
 義●さん、コメントありがとうございます。
 確かに、地方の規模を問わず、ゼネコンが侵食してきている実態があり、受注を掠め取る(言いすぎ?)事が横行しているとは良く聞きます。
 システムが出来上がっている環境で、これを打ち破る事は難しいのかもしれませんね。
すか●●(笑)
2007/03/07 11:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゼネコン、「談合決別の舞台裏」(朝日新聞より) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる