税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金支給漏れが過去6年で22万人発覚!

<<   作成日時 : 2007/03/30 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 高齢者が受給中の厚生年金や基礎年金(国民年金)に支給漏れが見つかり、社会保険庁が年金額を訂正した件数が、2001年4月から07年2月末までの約6年間で計21万8474件にのぼることが明らかになった。

 過去に短期間勤めた会社での保険料納付記録が、年金額決定の際に見落とされたことなどが原因で、ほとんどは受給者からの指摘で誤りが見つかった

 支給漏れがこれほど多い実態が明らかになったのは初めてで、社保庁のずさんな給付業務が問われそうだ

 支給漏れの件数は、社保庁が野党の資料要求に応じて明らかにした。支給漏れは2001年3月以前にも見つかっていたが、社保庁は「資料の保存年限が過ぎており、件数を確認できない」としている。支給漏れの総額や平均額も不明だとしているが、年金相談を専門とする社会保険労務士からは「1人当たり年数万円から20万円程度、本来より少なかった例が多い」という指摘が出ている。

 公的年金は受給開始時点で、本人の請求に基づいて金額の裁定が行われる。その際に社会保険事務所の窓口などで、本人が申請した加入歴に漏れがないかを確認することになっている。

 ところが、転職を繰り返した人などの場合、若いころ短期間働いた職歴について本人が請求を忘れる例があり、本来は合算すべき保険料納付記録を社保庁が見つけ出せないことが多い

 社保庁は1997年から加入者ごとに基礎年金番号を付け、支給漏れを防ごうとしている。だが、それ以前は転職のたびに別の年金手帳が発行されていた例などが多く、社保庁による基礎年金番号への名寄せ作業もはかどっていない。紙に手書きしていた古い加入記録をコンピューターに入力し直す際、氏名などを誤って入力した例もある。

 さらに、窓口の対応が不親切で、加入者の請求をうのみにし、よく調べないこともある。社保庁は「年金は請求に基づいて、本人が納得した上で支払っている」(運営部企画課)と釈明しているが、こうした給付業務のずさんさが、記録を見落とす原因になっている。

 まだ支給漏れに気づかず、少ない年金を受給している人も多数にのぼると見られ、「今回の件数は氷山の一角」(埼玉県内の社会保険労務士)と指摘されている。

 年金額が訂正されると、過去5年間の不足分は一時金で支払われるが、それ以前の分は時効となる。時効も多数生じている模様だ

(2007年3月30日読売新聞)



 官庁のものは請求の遡及効が5年と言う物が多い。

 記事中にもあるが、若い頃に転職をした経験がある方は特に注意が必要かもしれない。

 昭和50年頃以前の記録はなるべくとって置いた方が良いと思います。

 年金に関する事は一度疑ってかかる方がもしかしたら良いのかも知れません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
厚生年金は15年入りましょう
厚生年金は15年加入していたか、加入していなかったかで、老齢年金の支給額に大きな開きがあることをご存知でしょうか。もし、来年定年退職になる人が14年しか厚生年金に加入していなかった場合、63歳から、65歳になるまで年額516,000円がもらえなくなるのです。 ...続きを見る
年金生活パーフェクトガイド
2007/04/24 20:27
役人体質を許すな!
いま、社保庁の“消えた年金問題”が毎日のニュースやワイドショーで話題になっています。いや、社保庁の年金無駄遣いは話題になっていて私利私欲にまみれた公務員や議員に腹がたっていましたがテレビの前で一人怒ってはみても、その意思表示は選挙の1票でしかあ... ...続きを見る
日々の出来事
2007/06/09 01:23
請求漏れ時効 年間最高298億円
年金問題の5000件不明のほかにも新たに時効という問題もあがっている。 年金保険の受給開始がきていても被保険者の年金受給の請求がないために年金が受給されず、請求できる期間が終わってしまうというものだ。 ...続きを見る
「消えた年金」問題 宙に浮いた年金記録5...
2007/06/15 00:40
厚生年金・5000万件の該当者不明記録調査について
1年で行う予定の約5000万件に上る該当者不明記録調査について、安倍首相は同委員会で「記憶を呼び起こしやすい形で、年金履歴も含めてお知らせする」と述べた。つまり、年金受給者らの加入期間だけでなく、具体的に判りやすい過去に働いた会社名などを明記し、調査結果を通知するということです。ではその調査結果の通知時期はいつごろか?●年金受給者には2008年8月まで●年金受給年齢に達していない人には09年3月までの予定。※ただ社会保険庁の今までの ...続きを見る
厚生年金
2007/06/22 01:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年金支給漏れが過去6年で22万人発覚! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる