税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 農水相に物申す。(御手洗経団連会長)

<<   作成日時 : 2007/03/14 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本経団連の御手洗冨士夫会長は12日、松岡農林水産相の政治資金管理団体による光熱水費問題に関連して、国会議員が光熱水費の領収書を添付しなくても済む現行法制度について私は経理出身の企業家だが、(民間とは)ずいぶん違う世界。我々では絶対に許されない」と述べ、政治資金規正法を改正するなどして経費の透明性を高めるよう求めた。

 松岡農水相の光熱水費を巡る説明については「政治とカネは透明性が高くないといけない。ああいう問題が起きたとき、明確に国民に説明することが絶対に必要だ」と強調した。

 また、親会社の株式を対価にして合併できる「三角合併」が、当初予定された方式で5月に解禁されることに決まったことについては、「実施される中で見守りたい」とした。政府・与党が、親会社についての情報開示や外国為替法による規制の強化、企業合併・買収(M&A)法制の見直しの方針を示したことは「高く評価したい」と述べた。
(朝日新聞より)


 松岡農水相に限らない事だが、全ての政治家は(国、都道府県、市町村、政令指定都市)の政治家に言いたい。

 政治資金や政務調査費、その他の所得税課税免除を受けている資金について、きちっと説明するべきだ。

 一般の企業において、使途がはっきりしない物については経費性が認められないのは当然だ。

 政治資金や政務調査費と言うのは個人の所得ではないから課税されないのであって、もし、個人の自由なお金(所得)だとするなら、所得税を払え。

 一般の企業や個人事業主がどの様な思いで、確定申告に備えているのかを見習え・・・・。

 こんなだらしない政治家に税を語る資格は無い。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
農水相に物申す。(御手洗経団連会長) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる