税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮に態度の変化なし・・・・。

<<   作成日時 : 2007/03/08 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 ハノイ市内の日本大使館で7日に始まった6者協議の日朝国交正常化作業部会は、拉致被害者の早期送還などを訴えた日本に対し、北朝鮮代表団が「拉致問題は解決済み」との従来の主張を変えず、態度を硬化させて午後の協議を拒否した。日本代表団が説得した結果、北朝鮮は最終日の8日に協議に復帰することに応じ、再び拉致問題を論議して国交正常化も議題にすることになった。

 日本政府は、今回の協議で北朝鮮が「拉致は未解決の問題」と認めれば拉致問題の進展の判断材料とし、6者協議で保留しているエネルギー支援に加わることもあり得るとしていたが、事態が変化する可能性は極めて低くなった。

 作業部会は7日午前9時半(日本時間同午前11時半)に開始。日本側は(1)すべての拉致被害者・家族の早期帰還(2)拉致事件の真相究明(3)容疑者の引き渡しを強く主張した。また、特定失踪(しっそう)者の情報を追加提供し、調査を求めた。北朝鮮が横田めぐみさんの遺骨とし、日本が別人の骨と鑑定し食い違っている問題も取り上げられたが、平行線をたどったという。

 日本側の説明によると、昼食休憩まで約2時間半の話し合いの中で、北朝鮮代表の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使は「日本の問題提起についてはできる限りのことをやってきた。これ以上議論する意義には疑念がある」と主張。「午後の会議は開催しないことにしたい」と協議拒否を通告したという。

 日本政府代表の原口幸市・日朝国交正常化交渉担当大使は7日夜、報道陣に対して、北朝鮮側の主張に変化が見られなかったことを説明した。また、北朝鮮側が日本の説得に応じ、8日午前10時から北朝鮮大使館で協議を再開することになったことを明らかにした。

 日朝両代表団は6日の事前折衝で、初日の7日は拉致問題を、8日は「過去の清算」を含む国交正常化を議題とすることで合意していた。

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」電子版は7日、ハノイ発の記事で「日本側の無分別な強硬姿勢によって中断状態に陥った。日本代表団は会議場で拉致問題に関する荒唐無稽(こうとうむけい)な横車の論理を主張し、朝日平壌宣言の精神を歪曲(わいきょく)する言動をためらわなかった」と日本を非難した。

 安倍首相は7日夜、首相官邸で記者団に「北朝鮮との交渉においてはいろんなことがある。我々は拉致問題を前進させる、解決させると、そういう方針で基本を変えずに粘り強く交渉していきたい」と語った。
(朝日新聞より)


 結局、何度話し合ったとしても結論は変わらない事を意味しているのであろう。

 この国は支配層だけが生き残れれば良いと考えているのであり、困窮した蛸と一緒なのであろう。

 今はかなり困窮状態にあり、支配層ですら困窮の度合いを深めていた。

 自分たちが生き残れるのであれば、人民の命など安い物なのだろう。

 韓国と中国からの支援だけで、生き残れると考えているのであれば、好きにすると良いのではないか。

 国際社会がどうのと言える立場かどうかを良く考えれば良いのではないか。

 ハッキリと言ってやればいいのにと思う。「お前らが死のうがどうしようが、日本には関係ないと」

 人道支援という、お題目が薄ら寒くなる思いがするのは私だけであろうか。これから先、人道支援という言葉を聞くたびに、この国の存在を思い出すことになるのであろう。

 少なくとも、北朝鮮は私たちを敵視している事は間違いない。その国に対して、人道支援という名目で、支援をすること事態、国民に対する裏切りだと思えてくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
拉致問題(6か国協議の日朝国交正常化作業部会)平行線
「拉致問題(6か国協議の日朝国交正常化作業部会)平行線」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =20... ...続きを見る
ブログで情報収集!Blog-Headli...
2007/03/08 17:53
金融問題:北朝鮮の金融問題浮上
BDA北朝鮮資金、金融問題で返還が遅延 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000026-yonh-kr ...続きを見る
今日は何あった?
2007/03/21 19:38
アメリカと北朝鮮は裏でつながってる
現在では、ロックフェラーの別働隊である統一教会が、金王朝とのパイプ役になって、体制延命のために支援をしている。ピョンヤンには数千名の統一信者が常駐し、麻薬事業に従事していると思われる。文鮮明は、金日成と義兄弟の契りを交わし、共和国の英雄として遇されて... ...続きを見る
右派社民党公式ブログ
2007/03/23 14:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北朝鮮に態度の変化なし・・・・。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる