税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 公園で住民票とれず。(大阪高裁で逆転判決)

<<   作成日時 : 2007/01/23 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 大阪市北区の「扇町公園」でテント生活をしている男性が、公園を住所とする住民票の転居届を同区が受理しなかったのは不当だとして、同区長を相手に不受理処分の取り消しを求めた行政訴訟の控訴審判決が23日、大阪高裁であった。田中壮太裁判長は「公園内のテントは住所と認めることはできない」と判断。公園を住所と認定し、不受理処分を取り消した一審・大阪地裁判決を取り消し、男性の逆転敗訴判決を言い渡した。

 原告は山内勇志さん(56)。判決によると、山内さんは98〜99年ごろ、同市住吉区のパチンコ店寮から扇町公園に移り住み、00年ごろからは公園内に組み立てたテントで生活を開始。04年3月、テントがある場所を住所とする転居届を出したが、北区役所は「公園の適正な利用を妨げる」として不受理とした。山内さんはこの処分を不服として05年3月に提訴した。

 昨年1月の一審判決は、住民基本台帳法上の住所について「生活に最も関係の深い全生活の中心を指す」と判断。山内さんのテントが角材やベニヤ板で組み立てられ、寝泊まりや食事の場所として約4年間にわたって利用されていることなどを理由に「客観的に生活の本拠としての実体を備えている」として、公園を住所と認定、区の不受理処分を取り消した。
(朝日新聞より)


 この問題は難しい、公共の場所を住居として認めるのかと言う問題と、住所がない限り福祉サービスを受ける事ができないばかりか、再出発すら切れない現実が混在している。

 もちろん個々に色々な事情があったにせよ、路上生活を余儀なくされている人も存在するのではないかと言う点で中々判断がつきにくい。

 ただ、高裁の判決も全く理解できないと言う物でないから複雑だ。

 原告の山内さんがこれからどうしていきたいと願っているのか、再出発を願っているのであれば、行政側もある程度の支援を試みる事も必要なのではないか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これはハッキリ言って、判決が妥当だと思います。個々の事情を加味しても公共の場所である上、不法占拠と言うべき前提がありますからね…。 一時訴え得みたいな風潮になっていましたが、アカンもんはアカンと明確にするのも必要でしょう。
義宗
2007/01/24 00:11
 義宗さん、コメントありがとうございました。
 義宗さんの仰る通りだと思います。このままだと公園で寝起きする事を容認する事に繋がりかねないという危惧はありますからね。
すかんく
2007/01/24 17:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
公園で住民票とれず。(大阪高裁で逆転判決) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる