税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 山崎氏無残な帰国(政府も冷ややかな反応)

<<   作成日時 : 2007/01/13 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

 北朝鮮を訪問していた自民党の山崎拓・前副総裁は13日午後、平壌から北京経由で帰国した。

 同日午前、北京で記者会見し、平壌で会談した宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使が拉致問題について「解決済み」と強調し、進展がなかったことを明らかにした

 山崎氏によると、日本人生存者の早期帰国を求めたが、宋大使は、拉致被害者の横田めぐみさんとは別人のものと判明した「遺骨」の返還を要求。日朝平壌宣言については、現在も有効だと確認した。

 1月下旬に予定される米国の金融制裁を巡る米朝協議の直後に6か国協議を再開することが望ましいとの考えで一致した。核問題に関しては、山崎氏は2回目の核実験中止を要請したが、宋大使は「今後の米国の出方次第だ」と答えるにとどめた。

 日本独自の対北朝鮮制裁について、宋大使は「効果はない。共和国(北朝鮮)への大変な差別だ。断じて許さない」と反発し、日朝政府間交渉を再開させる意思がないことを表明した。

 山崎氏の訪朝に対しては、政府・与党内でも、冷ややかな見方が出ている。塩崎官房長官は13日、「国民を代表する立場の国会議員が北朝鮮へ渡航されたことは望ましくない。今後、北朝鮮から誠意ある対応を引き出すため、対話の窓を開きつつ、国際社会と連携して圧力をかけ続けていく」とのコメントを出し、不快感を表した

(2007年1月13日読売新聞)


 あまり悪口は書きたくないが、あなたは何をしに行ったのですか?

 結局、恥を掻きに行っただけではないのかとさえ思うのだが、そう思うの私だけだろうか?

 近年まれに見る愚かな行為と言えよう。

 時代認識すら出来ないのだから、つける薬が無い。

 気が済んだのであれば、次の選挙に出ない事をお勧めする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山崎拓氏 北から手ぶらで帰国
山崎氏が帰国、拉致進展なく政府内冷ややか(読売新聞) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2007/01/14 12:23
山崎・前副総裁の訪朝、官房長官が改めて批判
こんばんわ。プライベート編集局@AKIRAです。 ...続きを見る
AKIRA発 プライベート編集局
2007/01/15 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、右系のサイトにばかりか一般サイトに所々書かれている内容です。税金や人を使い、恥をかきに行ったと… あなたが行って結果が出るなら、とうに出来ているはず!と、私は言いたい。身内からも、失笑が出ている様では、所謂水面下交渉などは、一切ないでしょう?ただ、遊びに行っただけではないでしょうかね?(笑)
義宗
2007/01/14 04:52
 義宗さん、コメントありがとうございました。
 行く前から、結果が分かりそうなものなのに、何故あそこまで頑なだったのか理解に苦しみます。
 遊ぶにしても、場所をわきまえないとねと言ってあげたい気がします。(笑)
すかんく
2007/01/14 07:56
山崎氏も大きな成果を出す事が目的では無かったと思う。対話と圧力ではなく、若い安倍氏と側近が圧力一辺倒で突っ走っている事に安全保障政策を担ってきた者として座視できない危機感に突き動かされての行動だったと考える。
対話のバイプが復活した事が成果であり
課題はこれからだと思う。
新党
2007/01/14 19:26
 新党さん、コメントありがとうございます。
 危機感の持ち方は人それぞれなのかもしれません。
 対話は大切だと思います。(対話が通じるのであれば)
 課題はまだまだ積み残されているのでしょう。
すかんく
2007/01/16 13:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山崎氏無残な帰国(政府も冷ややかな反応) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる