税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎県の出納長逮捕へ!

<<   作成日時 : 2006/11/29 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 宮崎県発注の災害復旧工事設計の入札をめぐる官製談合事件で、宮崎県警は29日、江藤隆出納長(63)が受注調整を指示していた疑いが強まったとして競売入札妨害(談合)容疑で逮捕状を取り、任意同行して事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。県土木部長らの逮捕で始まった事件の捜査は、2週間足らずで一気に県三役に波及。県警は福島、和歌山に続いて発覚した県主導の官製談合事件の全容解明を目指す。今後は安藤忠恕(ただひろ)知事(65)の関与の有無が焦点になる。

 県警は同日、県庁の出納長室などの家宅捜索を始めた。

 県警の調べでは、江藤出納長は、県土木部長の藤本坦(ひろし)容疑者(59)らと共謀して05年11月、県宮崎土木事務所が発注した「県道鰐塚山田野(わにつかやまたの)停車場線」災害復旧工事の橋梁設計業務の指名競争入札で、設計コンサルタント会社ヤマト設計(東京都)に落札させるよう申し合わせた疑い。

 事件では、藤本容疑者に加え、土木部次長の柴岡博明(58)、道路保全課長の黒木勝男(57)の両容疑者ら県土木部幹部3人のほか、ヤマト設計社長の二本木(にほんぎ)由文(56)、安藤知事の「政治指南役」の元国会議員秘書、石川鎮雄(68)の両容疑者ら計11人が同容疑で逮捕された。

 これまでの調べに対し、藤本容疑者ら逮捕された県幹部3人は、談合について「上からの声だった」などと安藤知事ら上層部の関与を示唆。「『上』が、ヤマト設計に仕事を回すことを約束していた」「ヤマト設計に受注させる県事業の総額を、上層部から『8000万円分くらい回せないか』と言われた」などと供述していた。

 江藤出納長は、藤本容疑者らが逮捕された今月16日、報道陣の質問に答え「県発注工事は担当部が適正にやっている。談合はあり得ない」と主張。和歌山などの例があるが、と問われると「和歌山はあったかもしれないが、宮崎ではないと思っているし、ないと言いたい」と語っていた。

 江藤出納長は67年県庁入り。99年に東京事務所長を務め、01年企画調整部長、02年県農業開発公社理事長などを歴任。安藤知事の当選から約4カ月後の03年11月、出納長に就いた。昨年10月に就任した女性副知事が行政経験がなかっただけに、議会対応などで特に安藤知事を支えてきた。
(朝日新聞より)


 官製談合の摘発が後を絶たない。ほとんどのケースで知事の辞職〜逮捕への道筋が出来ている。

 今回の件が知事にまで及ぶのかは捜査の結果を見てみなければ分からない。

 今回の出納長は現在の知事を支え続けてきた人だとの新聞報道もある。もし、知事の与り知らぬ所で起きたのであれば、言葉は悪いが飼い犬に噛まれた心境だろうし、さぞ、腸の煮えくり返る思いだろう。

 そうでないのなら、役者と言うか、かなり根性が腐りきっているかのどちらかだ。

 知事はその地方行政の中で絶大な権力を持っているといっても過言ではない。

 余程、自分を律していかなければ到底勤まる職ではないことを全ての都道府県の知事は認識をもって職を全うしなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮崎県の出納長逮捕へ! 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる