税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 9.11テロから5年(教訓から何を学ぶのか)

<<   作成日時 : 2006/09/11 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 ブッシュ米大統領夫妻は米同時多発テロ5周年前日の10日、ニューヨークに入り、テロで倒壊した世界貿易センター跡地で献花した。11日にはニューヨークの消防署での追悼集会に出席した後、ユナイテッド航空93便が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルとワシントンの国防総省(ペンタゴン)の2カ所のテロ現場を回る。

 夫妻は10日夕、ニューヨークのパタキ州知事、テロ当時のジュリアーニ市長、ブルームバーグ現市長に伴われ、ツインタワーのあった場所まで工事車両用の通路を歩いて下りた。北棟、南棟の跡に、それぞれ水をたたえた四角い祭壇がしつらえられ、大統領夫妻は用意された白と赤のカーネーションの花輪を水に浮かべて祈りをささげた。

 AP通信によると、大統領は近くのセントポール礼拝堂で祈りの会に参加、跡地横の消防署などを訪れた後「あの日の教訓を決して忘れないと誓った。同じような被害を引き起こそうとしている敵がまだいる」と記者団に語った。

 大統領はホワイトハウスに戻った後の11日夜、国民に呼びかけるテレビ演説を予定している。
(朝日新聞より)


 この事件は文字通り歴史の1ページとなる事だろう。

飛行機が兵器に変わる要素を持っている事をまざまざと見せ付けられた事件だ。

5年と言う日が流れても昨日のように感じられる。

 このブログの中で何回か書いた事があるが、その当日、私と妻は韓国のソウルに旅行に行っていた。翌日が帰国日になっていたので東大門や南大門でお土産を買い、食事を食べて部屋に帰った。

 横になりながら、何気なくTVを点け、ぼーと見ていた。韓国語は分かるはずもないので、CNNを見る事にした。

 いきなり、ワールド・トレードセンターが映し出されていた。その内の1棟が煙を出していた。
最初は映画でもやっているのかなと言う印象だったが、アナウンサーが、小型の飛行機かヘリコプターが誤ってビルに激突してしまったようだと報じていた。

 そんなアホな奴がいるのかと思い、妻が洗面所で化粧を落としているのを無理やり呼んで見せたが、あの辺りは飛行禁止区域になっていなかったのかなと怪訝そうにしていた。

 どの位が経っただろうか、いきなり画面のハジの所に飛行機らしき物が見えたかと思うと逆側が弾けとんだ。

 このとき初めて、これは事故じゃないと感じる事ができた。

 それからの、CNNは蜂の巣を突いた様な大騒ぎになり始めた。

「これは事故じゃない」とアナウンサーが連呼し始めた。

 1時間もしないうちに、後から被害を受けた方のビルが倒壊し続いてもう一つのビルもあっけなく倒壊した。

 その他にも、国防総省に突っ込んだ飛行機もあり、また、ホワイトハウスに突っ込もうしていたとされる飛行機が墜落した。

 この一連のテロで3000人を超える犠牲者が出た事は皆さんも記憶に新しいと思います。

 そのあと、アメリカの主導の下、イラクやアフガニスタンで戦争が起こり、一般の市民の中にも多くの犠牲者が出る結果となっています。

 政治的な観点から書けば、色々な事を書けるのかも知れません。その議論をする事は大切な事だと思います。

 今日はその犠牲になられた一般の人に哀悼の意を表したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今年も9月11日がやってきました
早いものであれから5年が経過したのですね、昨日テレビの特集番組を見ていてそのように感じました。まず、テロで犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 筑紫哲也キャスターが「あの日、どこにいて何をしていたのか皆さん覚えているはずです。」と問いかけていましたが、私は残業して帰宅後、家で食事をしながらテレビをみていました。 テレビ画面にWTCの1棟が激しく燃え上がっている光景を見て、テロとは想像できませんでした。軽飛行機が操縦を誤ってビルに衝突したのではないかとの報道がなされていたと記憶してい... ...続きを見る
Motohiroの本音トーク
2006/09/12 17:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 現在は「冷戦後」なのか「9.11後」なのかの、認識の話題ですかねぇ?歴史に対するインパクトとしては、ベルリンの壁の崩壊とツインタワーの崩壊と、どちらのほうが本物だったのか、わからない状態になってきていますね。
罵愚
2006/09/11 17:35
これは紛れも無く、21世紀の幕開けを告げたテロでした。
9・11後、ブッシュによる対テロ戦争が始まり、日本もそれに参画せざるを得ない状況になった。

この戦争、いつ終わるのでしょうね?
クルトンパパ
2006/09/12 06:28
罵愚さん、コメントありがとうございます。
 現在が、冷戦後なのか9・11後なのか、判断が難しいと思います。
 どちらが、インパクトがあったかと言えば、私にとっては9・11の方がインパクトがありました。
 資本主義なのか社会主義なのかの方が根の深さとしては浅い気がします。
 宗教観の違いの方がより根の深い物のような気がします。
 多くの日本人の宗教観はかなり曖昧で(勿論私も含めて)あるような気がします。私はそこが(宗教観のない所が)日本人の良い所の一つだと感じています。
税務の片隅で。
URL
2006/09/12 13:50
 クルトンパパさん、コメントありがとうございました。
 上のコメントの続きみたいになってしまいますが、今回は建て前上も「テロとの戦い」だったはずでした。現在を見てみると望むと望まないとに係わらず、宗教間の争いになってきている様に感じます。キリスト教とイスラム教との争いに世界中が巻き込まれている印象です。終わりが見えるどころか、拡大し続けていきそうな様相を呈してきたように感じます。
 歴史としていつか振り返る時、この事件が歴史のターニングポイントになるのかも知れません。
税務の片隅で。
URL
2006/09/12 13:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9.11テロから5年(教訓から何を学ぶのか) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる