税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯨の肉が余ってる?(それでも価格は高止まり)

<<   作成日時 : 2006/09/10 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 クジラの肉が余っている。調査捕鯨の拡大で供給量が増える一方、88年の商業捕鯨停止以来、販路がすっかり細ってしまったためだ。水産庁は「健康食」として学校や病院への売り込みをはかり、給食や新商品に取り入れる学校や外食産業も出始めた。でも、捕鯨費用確保のために卸値を一定より下げられない国側の事情もあり、家庭で気軽に味わえる価格にはまだ遠い

画像

鯨肉の生産量と卸価格

 遠洋で捕らえるクジラを売り込む拠点が、東京・六本木の高級マンションの一室にある。水産庁の後押しで5月に設立された新会社「鯨食ラボ」。客間の大きなテーブルでは、営業先を招いてクジラ料理をふるまう。

 「みなさん『こんなにおいしかったっけ』と驚きます」と中田博・同社代表。低カロリー、低コレステロールがうけ、病院や学校、社員食堂に納める給食業者数社が関心を示しているという。

 食堂運営大手の「ニッコクトラスト」(東京)は特別メニューとして鯨肉を使う予定だ。同社の担当者は「年配の方には懐かしく、若い方には意外性があるのでは。ただ、まだ高いので常時は使えない」と話す。

 新会社設立の背景には「クジラ余り」がある。

 調査捕鯨の拡大で鯨肉の供給は10年前の倍以上になった。

 しかし、商業捕鯨停止以降の約20年の間に、大半の水産卸が鯨肉を扱わなくなり、流通が追いつかなくなった。

 このため昨年末で年間供給量に匹敵する約3900トンの在庫が積み上がった。来年は捕鯨がさらに拡大され、今年より1500トン多い5500トンが捕獲される予定だ

 余り気味の鯨肉を利用する動きも出てきた。和歌山県は古式捕鯨で栄えた地元の伝統を伝えようと、昨年度から小中学校の約7割で2カ月に1回程度、給食にクジラの竜田揚げなどを出している。首都圏などでも広がり、日本捕鯨協会(東京)によると、全国で約3500校が鯨肉給食を実施している

 調査捕鯨の母港、北海道函館市周辺でハンバーガー店を展開する「ラッキーピエロ」は、昨年から鯨肉を使ったハンバーガーを380円で販売。約20種類のバーガーのうち2番目の人気だ。王未来(みく)専務は「採算ぎりぎり。食文化を応援する意味で続けたい」。

 ただ、そんな動きとは裏腹に鯨肉を街中で見ることは少ない。売られていても100グラムで450円はする。都内のある水産物専門店では、人気の高いベーコンブロックに100グラム2500円の高値がつけられている。

 捕獲されたクジラの売り上げは調査捕鯨の財源だ。年間約60億円の捕鯨費用がまかなえるよう水産庁が毎年決める鯨肉の卸値は、供給増でピークの半額以下の1キロ2000円ほどになった。

 しかし、まだ量が少なく、一般の店頭価格は卸値の3倍ほど。国側も捕鯨費用確保のため卸値は一定より下げられない。

 鯨食ラボの中田代表は「水産庁からは『市場を刺激しすぎないように売ってほしい』と言われている」と苦笑いする。商業捕鯨再開をにらんで流通を復活させたいが、再開しても当面、量が限られるため、人気が出すぎると供給が追いつかなくなる恐れがあるからだ。

 日本の需要過熱が海外での乱獲や密輸を招いたマグロのように、復活したクジラ資源が悪化する懸念もある。水産庁捕鯨班の諸貫秀樹課長補佐は「マグロの二の舞いは避けたいが、せめてマグロ並みの価格で家庭に提供したい」と話している。
(朝日新聞より)


 鯨の肉を給食で食べた最後の世代になると思っていたが、どうやら、給食に鯨の肉が出てくる日が近くに来ているのかも知れない。

 子供の頃食べた、鯨の竜田揚げは美味しかった様な気がしていたのだが、数年前、渋谷の居酒屋みたいな所で食べた、鯨のステーキはあまり美味しいという気はしなかった。

 どちらかと言うと生臭かった。

 そう考えると、高いお金を出してまで食べるかと言うと、食べない気がする。

それとも、私の食べたのが古かったのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
商業捕鯨・海洋資源の管理を科学的根拠に基づき国際的ルールを作る宣言
セントキッツ・ネーヴィス宣言(仮訳/水産庁作成)第58回国際捕鯨委員会年次会合 2006年6月 セントキッツ・ネーヴィス,アンティグア・バーブーダ,ベナン,カンボジア,カメルーン,コートジボアール,ドミニカ,ガボン,ガンビア,グレナダ,ギニア,アイスラン... ...続きを見る
くじら【鯨・クジラ】ねっとくじらブログ
2007/04/14 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブラブラしていてたどり着きました。鯨は私も最後の世代だと思っています。捕鯨禁止から久しくなりますが、市場価格は高く庶民には易々口にすることが出来ません。 牛肉を買わせる為の圧力だとも右系では云われています。現在個体が増えて、イワシやオキアミなどに被害が出ているのも現状です。制限付きでもいいから再開して欲しいものです。因みに竜田揚げも旨いですが、生姜焼きも旨いですよ(笑) 長々失礼致しました。
義宗
2006/09/11 01:14
義宗さん、コメントありがとうございます。
 鯨の数は増えてきているのかも知れませんね。
 生姜焼きは食べた事がありません。機会があればお店で頼んでみたいと思います。
税務の片隅で。
URL
2006/09/11 11:06
再度お邪魔します。鯨は増えていると云うより、増えすぎている様です。まるで都会のカラスや鳩の如く…天敵がいないからでしょうね。先にも書きましたが、オキアミやイワシが取れないのもそのせいです。 最後に、生姜焼きにするのは、殆ど臭い消しです。鯨ステーキなどもその類ですよ(笑)
再び義宗
2006/09/11 23:23
 義宗さん、コメントありがとうございます。
 鯨にとっての天敵は人間なのですかねー?
そんなに、昔は鯨を捕っていたのでしょうか。
 本文中にも書きましたが、私の食べた鯨のステーキは本当に臭かったです。故にあまり美味しくないと感じたのです。生姜焼きの様にしたら美味しく食べられるかも知れません。食べる機会があったら、お店の人に頼んでみます。生姜を多めにお願いしますと。(笑)
税務の片隅で。
URL
2006/09/12 14:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鯨の肉が余ってる?(それでも価格は高止まり) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる