税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 物の値段(自衛隊の同じ茶碗の値段(陸・海・空)で違う?)

<<   作成日時 : 2006/09/29 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 海上、航空自衛隊の食堂などで使用されている樹脂製の食器の購入額が、陸上自衛隊に比べて3〜5倍割高だったことが、会計検査院の調べで分かった。材質は変わらないにもかかわらず、防衛庁が陸・海・空の各隊から要求された分を別々に調達していたことが原因。04、05年度分を調べた検査院は「まとめて調達すれば約5800万円節減できた」と指摘した。これを受けて防衛庁は今年夏から一括発注に変更したところ、約3000万円安く購入できたという。

 各隊で使われている食器はいずれもメラミン樹脂製で、目立って違うのは陸自には花柄、海自には波柄、空自にはライン柄の模様があしらわれているところだけ。検査院は、各隊のご飯茶わん、菜皿、湯飲みなど7種類の食器について04、05年度の調達価格を比較した。

 具体的には、05年度に購入したご飯茶わんの価格は、陸自が1個136円だったのに対し、海自は580円、空自は576円だった。購入量が多い陸自に比べ、「海・空」が3〜5倍だった。

 各隊からの必要数量の要求に基づき、防衛庁が別々に一般競争入札で調達。04、05年度の調達額は陸・海・空合わせて約1億3000万円だった。防衛庁は06年度分を調達した今年夏、一括発注に変更した。食器にあしらわれる各隊別の「模様」は残した。

 〈防衛庁艦船武器課の話〉当初単価の差はなかったが、陸自の契約先がその後急激に値引きをした。品質的な問題がないのか確認などが必要だったため、そのままになっていた。検査院の指摘を真摯(しんし)に受けとめて、今年度から仕様を統一し、一括調達した。
(朝日新聞より)


 ここが役所と民間の違う所、とにかく動きが鈍い。小回りが利いていないし反応も鈍い。同じ物なら安い仕入先を探すのが普通の感覚なのではないか。

 自分の懐が痛まないのなら、どんなに高くてもいいと思う公務員は多いのではないか。

 これが、全く違う省庁の出来事なら、さすがお役所仕事、と嫌味を言われるぐらいで済むのかも知れないが、同じ防衛庁の中でもこの有様、開いた口が塞がらないとはこの事だろう。

 こんな事で、財政再建なんて本当に出来るのであろうか?

 がんばりましょうね。公務員の皆さん。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小梅お茶碗 【バレンタイン特集2007】
和食器 小梅お茶碗 【バレンタイン特集2007】和食器 小梅お茶碗 【バレンタイン特集2007】これもちょっとなつかしいって感じですよ!サイズ12.0cm×12.0cm×h5.7cm・電子レンジOK☆☆こちらの商品は、アウトレットになります☆アウトレット商品のご購入の際には、必ず、ご利用ガイドでご確認下さいませ♪ 和食器 小梅お茶碗 【バレンタイン特集】は こちらから ...続きを見る
楽天らくらくショッピング
2007/01/11 18:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
物の値段(自衛隊の同じ茶碗の値段(陸・海・空)で違う?) 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる