税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛国心教育とは?

<<   作成日時 : 2006/04/14 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨今、教育基本法改正案について、国会で議論がなされている。

 自民、公明両党の幹事長や政調会長らでつくる「教育基本法改正に関する協議会」は13日、与党の検討会がまとめた改正法の文案を最終報告として了承し、安倍官房長官と小坂文部科学相に法案提出に向けた作業を要請した。しかし、同日夕の自民党の文教関係の会議では、公明党との調整に手間どった「愛国心」「宗教教育」「教育行政」の条文などについて異論が続出した。

 安倍氏は要請にきた自民党の武部勤幹事長らに対し、「検討します」と述べるにとどめた。同席者は「慎重な態度に見えた」。安倍氏は13日夜の同党衆院議員の集会では「教育改革にしっかり取り組む」と語ったものの、今国会への提出には触れなかった。武部氏らは今国会提出をめざしているが、党内から条文の修正を求める声が相次いだこともあり、会期延長もにらみながら政府・与党が最終的に判断することになる。

 最終報告は、前文などで「公共の精神」「道徳心を培う」など「公」「道徳」を強調している。

 これまで教職員組合などが「国家は教育に介入するな」と主張する際の根拠としてきた「教育は、不当な支配に服することなく」との文言について、自民党は削除を求めていたが、最終報告では残すことにした。

 逆に自民党が「道徳や公共心、しつけにつながる」として盛り込むよう求めていた「宗教的情操の涵養(かんよう)」は盛り込まなかった。代わりに「豊かな情操」などの文言を入れ、「宗教に関する一般的な教養」は尊重されるべきだとした。

 しかし、自民党の文教関係の会議では、「愛国心」を表現した部分に入れた「他国を尊重し」の文言について、「北朝鮮も尊重するのか」という不満の声が上がるなど異論が続出。「日本国憲法の精神にのっとり」「不当な支配に服することなく」との文言が残ったことなどにも批判が相次いだ。

 自民党の久間章生総務会長は同日、党本部で記者団に「(改正案は)大きな法律。会期を仮に延長したとしても、(今国会での成立は)難しいかなという気がする」との見通しを語った。

 一方、野党は、共産、社民が教育基本法改正に反対する姿勢を明確にしている。民主党は対応を決めていない。 (朝日新聞より)


どちらにせよ、法律の中に「愛国心を持て」といわれたり、学校において教師に言われたから等の理由で愛国心が出てくるのであれば、法制化する事にも意味があるのかもしれないが、人に言われて芽生える愛国心などが本当の意味での愛国心と言えるのかは、甚だ疑問である。
 僕自身、日本という国を愛しているつもりだし、日の丸は国旗だと思っていた。わざわざ、国旗ですと政治家に言われなくても、そう感じていた。 

 なぜかは、正確には解らないが、政治家に愛国心だの国旗だの国歌だのといわれると、空寒く感じてしまう。いつか来た道を逆行しているような。本当にこの人たちに国を任せていていいのだろうかとすら感じてしまう。

 私はこう思う。愛国心は人それぞれ感じ方が違うものだと、その土地に住み、子を育て、コミュニティーを構築していく過程で育まれていくものだと、決して他者から強制されてはいけないものだと。

国家の品格
国家の品格 (新潮新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛国心教育とは? 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる