税務の片隅で。

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党に期待すること。

<<   作成日時 : 2006/04/10 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 小沢新代表が決まり、そのほかのポストも留任、新しく代表代行に管氏が選ばれました。

 ほとんどの人の感想は昔、よく見た顔ぶれで代わり映えしないと感じるかもしれませんが、小沢氏と管氏が並んでいることが少なくとも私には奇跡に近い状態なのではと感じています。

 それだけ、今の民主党はまだ、崖っぷちなのかもしれません。この体制が1・2年位は続いてくれれば、次の選挙ではこの間のようにはならなくてすむかもしれません。

 政治家には自分自身の国家ビジョンを示して欲しいものです。どのような国にしていきたいのか、そのためには、今何が必要なのか。

 今の首相にそれがまったく無いとは言いませんが、どういった、国家にしたいのかはこの5年間最後まで聞こえてきませんでした。結局、郵政民営化以外、何ががしたかったんでしょうか、勿論、規制緩和等の事もやられてはいますが日本をどういう国にしたかったのかが見えてきませんでした。

 見えてきたのは、外交面では以前の政権の時よりもっと先鋭化したアメリカ追従(盲従?)でしかありませんでした。このことを評価している人もいるようなので深くは書きませんがそこまでしても、安保理の常任理事国にはなれませんでした。(勿論、アメリカが反対したから)

 結局のところ、アメリカは自国繁栄主義なのですから、盲従することは危険なのではないだろうか。?

 どちらにしても、小泉首相の任期切れまでは半年もありません、1日でも早く時が進んでくれることを祈ります。

日本改造計画
日本改造計画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 小泉政権への嫌悪感は、現実を経験しているから、無理もありませんが、小沢・菅体制の希望は、それを裏返しにした希望的観測、いいかえると、絵に描いたもちにすぎないような気がするなぁ、
罵愚
2006/04/11 16:52
罵愚さん、コメントありがとうございました。
 私自身、民主党の党員ではありませんし家族にもいません。ですが、ここ15年位、選挙区が菅氏の選挙区ということもあり、ずっと菅氏に投票してきました。ご本人も総理大臣を目指しておいでになったと思いますし、私も目指して欲しいと思っていました。(知り合いなわけでもありません)
小沢氏に関しても90年代に彼の本を読んで彼の理想としている物に共感を覚えただけです。
 この人たちには、ある種、共感を覚えたのです。
私には、現在の小泉首相に対して就任当初から共感をまったく感じなかったし、これからも感じないだろうそれだけです。
税務の片隅で。
2006/04/12 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党に期待すること。 税務の片隅で。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる